ニュース

エルリッヒ、ホンマタカシらの新作も YKK AP「窓学」10周年の『窓学展』

『窓学展―窓から見える世界―』『窓学国際会議―窓は文明であり、文化である―』ビジュアル
『窓学展―窓から見える世界―』『窓学国際会議―窓は文明であり、文化である―』ビジュアル

展覧会『窓学展―窓から見える世界―』が、9月28日から東京・表参道のスパイラルガーデンで開催される。

YKK APが2007年から行なっている、「窓」を多角的に探求するプロジェクト「窓学」の10周年を記念する同展。研究者、建築家、アーティストらが窓の魅力を探った作品や研究成果を展示する。

会場ではレアンドロ・エルリッヒ、ホンマタカシ、鎌田友介が同展のために「窓」をテーマに据えて制作した作品を展示。また研究者の五十嵐太郎、小玉祐一郎、佐藤浩司、塚本由晴(アトリエ・ワン)、中谷礼仁、原広司、村松伸による研究成果が紹介されるほか、デザイナーのミケーレ・デ・ルッキによる特別展示も実施される。ディレクターを五十嵐太郎、会場構成を西澤徹夫、グラフィックを岡本健が担当する。

初日の9月28日には、原広司、レアンドロ・エルリッヒ、五十嵐太郎によるトークイベントを実施。また期間中の10月3日には、シンポジウム『窓学国際会議―窓は文明であり、文化である―』が会場上階のスパイラルホールで開催される。同展は10月以降、全国の大学を巡回する予定だ。

なお10月1日には東京・秋葉原に「窓研究所アネックス」が開設。「窓や建築に関わる研究交流拠点」として運営され、窓に関する書籍を集めるライブラリーや、窓にまつわるアートコレクション、世界の建築の窓辺を体験できるVRコンテンツなどが用意される。

『窓学展―窓から見える世界―』メインビジュアル
『窓学展―窓から見える世界―』メインビジュアル
『窓学展―窓から見える世界―』作品ビジュアル
『窓学展―窓から見える世界―』作品ビジュアル
『窓学展―窓から見える世界―』作品ビジュアル
『窓学展―窓から見える世界―』作品ビジュアル
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)