森川葵×佐藤寛太×北村匠海の実写『恋と嘘』予告編 主題歌は阪本奨悟

映画『恋と嘘』の予告編が公開。あわせて公開日と主題歌が明らかになった。

ムサヲの同名漫画をもとにした同作は、政府が国民の遺伝子などを分析して「最高の結婚相手」を通知し、他の相手との恋愛が禁止される世界を舞台にする恋愛映画。主人公の仁坂葵役を森川葵、葵に密かに想いを寄せる幼なじみ・司馬優翔役を北村匠海(DISH//)、葵の政府通知相手・高千穂蒼佑役を佐藤寛太(劇団EXILE)が演じる。

今回公開された予告編では、自己紹介しようとする葵に蒼佑が「どうでもいい。政府通知の相手だから結婚する。お前がどんな女だろうが興味はない」と言い放つシーンや、優翔が「俺はずっと葵のことが好きだ」と告げる様子、葵が「不必要な異性との交友は慎まないと」と注意を受ける場面などが確認できる。

主題歌には阪本奨悟による福山雅治のカバー“HELLO”が起用。福山雅治は阪本奨悟のデビューシングル『鼻声/しょっぱい涙』でプロデューサーを務めている。また阪本奨悟は挿入歌として楽曲“恋と嘘 ~ぎゅっと君の手を”を書き下ろしている。古澤健監督は、「阪本奨悟さんの歌はこの映画のもうひとりの登場人物として、主人公たちに並走してくれたと思います」と述べている。『恋と嘘』は10月14日に全国で公開される。

ムサヲのコメント

実は母が福山さんの大ファンで、よく台所や居間で流れていた親しみのある曲なので主題歌が『HELLO』に決まった時は驚きました。
少し恐縮する気持ちもありましたが、あの名曲がどのような形で寄り添ってくれるんだろうという期待の方が勝っていました…!
阪本さんが歌ってくださると聞いた時は、福山さんと阪本さんの関係性を伺っていたのでとても光栄でしたし、先行音源の歌声が素晴らしかったので主題歌を聴くのがすごく楽しみでした!また、挿入歌「恋と嘘 ~ぎゅっと君の手を」が流れるのは映画の中でとても大事なシーンなのですが、そのシーンにすごくぴったりの素敵な曲を作ってくださったなと感謝しています。早くフルコーラスで聴いてみたいです!

古澤健監督のコメント

阪本奨悟さんの声を最初にお聞きしたとき、少しつんのめるような若さを感じました。青春を回顧するのではなく、いままさに青春を生きつつ歌っている。まさに映画版『恋と嘘』が求める世界観にぴったりと合う歌声だと思いました。そんな阪本さんが歌う「HELLO」はきっとオリジナルとはまた違う恋のワクワクする焦燥感、ヒリヒリと痛む多幸感を表現してくれるのではないかと期待しました。
またオリジナルの「恋と嘘 ~ぎゅっと君の手を~」については、映画の世界観に寄り添ってもらおうと、ゆっくりと話し合う時間を持てたことが本当に嬉しかったです。恋の一瞬の輝きを際立たせてくれるような、ポップソングの儚い美しさを表現して欲しいと無茶振りをしたのをおぼえています。曲の制作と映画の撮影は同時進行だったので、それが果たしてぴったりとハマるのか不安はありましたが、仕上げのときに僕らスタッフが驚くほどのハマり具合でした。まさかあの芝居とこんなにリンクするなんて……と。阪本奨悟さんの歌はこの映画のもうひとりの登場人物として、主人公たちに並走してくれたと思います。

作品情報

『恋と嘘』

2017年10月14日(土)に全国公開
監督:古澤健 脚本:吉田恵里香 原作:ムサヲ『恋と嘘』(マンガボックス) 主題歌:阪本奨悟“HELLO” 出演: 森川葵 北村匠海 佐藤寛太 浅川梨奈 田辺桃子 温水洋一 遠藤章造 中島ひろ子 三浦理恵子 木下ほうか 徳井義実 配給:ショウゲート
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 森川葵×佐藤寛太×北村匠海の実写『恋と嘘』予告編 主題歌は阪本奨悟

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて