ニュース

ACIDMAN主催のたまアリ『SAI』にアジカン、DA、テナー、バクホン、10-FEET

11月23日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行なわれるACIDMAN主催の音楽イベント『ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”」』の第1弾出演者が発表された。

ACIDMANの結成20周年を記念して故郷の埼玉で開催される同イベント。イベント名の「SAI」は埼玉の「埼」、祭りの「祭」、才能の「才」、ACIDMANの楽曲タイトル“彩-SAI-”などからイメージされているという。

今回出演が発表されたのは、ACIDMANに加えて、ASIAN KUNG-FU GENERATION、THE BACK HORN、ストレイテナー、10-FEET、Dragon Ashの計6組。今後も追加出演者の発表を予定している。また今回の発表とあわせて、大木伸夫(ACIDMAN)が描いたイベントのキービジュアルおよび特設サイトが公開された。

なおACIDMANは明日7月26日に20周年記念第3弾作品となり、同イベントのチケット先行情報が封入されるシングル『ミレニアム』をリリースする。

喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のコメント

ACIDMAN、20周年おめでとうございます。
僕らとACIDMANはいつも近過ぎず、遠過ぎず。
でも同じ時代を生きてきた者として、どこかシンパシーを感じています。
フェスなどで会うと変わらず気軽に声を掛けてくれるのが嬉しかったり。
今回久々に一緒にやれるのをとても楽しみにしています。
呼んでくれてありがとう!

松田晋二(THE BACK HORN)のコメント

二箇所の2マンツアーはお互いの絆を改めて確かめられた幸せな夜でした。“SAI”では、会場のすべての人とACIDMANに出会えた喜び、これからも続いていく未来を祝福する空間を作れるよう全力で演奏させて頂きます。それぞれの想いの色が詰まった素敵な"SAI"になりますように。
ACIDMAN20周年おめでとう!

ホリエアツシ(ストレイテナー)のコメント

頑張ってここまで来た?頑張ってたらここに居たんだ。僕らが変わった?僕らが変えてきたんだ。ACIDMAN、20周年おめでとうございます。今までもこれからも共にいきましょう。それぞれの道を。

TAKUMA(10-FEET)のコメント

優しくて強くて、そして実はとてもおもしろい。
そんなACIDMANが開催するフェスやから絶対楽しいに違いない。
地元埼玉の地でバンド結成20周年も迎えながら開催されるこのフェスを僕らも全力で盛り上げにいきたいと思います。
どんな会場、ステージになるのかも楽しみにしてます。よろしく!

NAOKI(10-FEET)のコメント

ACIDMAN20周年おめでとう!!
我々10-FEETも20周年なんですが同期のバンドがいるって事はとても幸せな事だなと最近特に感じます。
そして私に関してはACIDMANメンバーと年齢も同い歳という事で特に親近感を感じてます。
なのでいつも楽屋に入り浸っててゴメンね。
居心地が良すぎるもんで(笑)
そんな想いをSAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”では全部出し切ろうと思っています。
これからも共に刺激しあいながら長くバンドを続けようね♪♪

KOUICHI(10-FEET)のコメント

オオキへ。いつもカッコ良くて歌もギターもうまくてとても憧れます!
サトマへ。ライブ中に帽子取れるタイミングがいつも完璧でとても憧れます!
イチゴへ。

桜井誠(Dragon Ash)のコメント

ACIDMANの世界観、特にワンマンライブのステージは個人的に大好きで、何度も感情を揺さぶられました。作品に込められた魂が、ひしひしと伝わって来る数少ないバンド。そんな3人が、20年も共に音を鳴らし続けて来て、でっかい花火を打ち上げられることに喜びを感じます。FESTIVAL“SAI”全力でやらせていただきます!改めて、20周年本当におめでとう!

『ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”」』ポスタービジュアル
『ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”」』ポスタービジュアル
『ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”」』キービジュアル
『ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”」』キービジュアル
ACIDMAN
ACIDMAN
ASIAN KUNG-FU GENERATION
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Dragon Ash
Dragon Ash
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年