町田康、柴崎友香、東山彰良、古川日出男、前野健太ら14人の短編集『走る?』

小説アンソロジー『走る?』が、8月4日に刊行される。

スポーツ雑誌『Number Do』で行なわれていたリレー連載企画を、文春文庫で書籍化する同書。「走る」行為を書くことのみを条件とした、14人の書き手による短編小説が収録される。

参加者には、『流』の東山彰良、『きょうのできごと』『春の庭』などの柴崎友香、乙一名義でも知られる中田永一をはじめ、佐藤友哉、王城夕紀、遠藤徹、小林エリカ、恒川光太郎、桜井鈴茂、古川日出男、町田康といった小説家や、劇作家の岩松了、シンガーソングライターの前野健太、登山家の服部文祥が名を連ねている。なお前野健太は今回初めて小説の執筆に取り組んだ。表紙のイラストをオオクボリュウが手掛けている。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 町田康、柴崎友香、東山彰良、古川日出男、前野健太ら14人の短編集『走る?』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて