ニュース

東京各所で開催の芸術祭『インフラ』に竹村延和、食品まつりら参加

『インフラ INFRA 2017「Inside the Outside World ―外の世界の内で―」』が8月19日から東京都内各所で開催される。

同イベントは、ベルリンを拠点に活動する3hd Festivalと、東京を拠点とするオンラインギャラリーEBM(T)によるミュージシャン、アーティスト、パフォーマーのためのプラットフォーム、フェスティバル。天王洲アイルの山本現代、品川の原美術館、渋谷のWWWβ、汐留のパークホテル東京、飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京などに加えて、DOMMUNEでもプログラムを展開する。

参加アーティストは、ALMA(Pink Queendom)、オーロラ・サンダー、ダンビ・キム、DJ Paypal、DJWWWW、エママウス、食品まつり、フランチェスコ・カヴァリエ、Green Music、H. Takahashi、なかのひとよ、イェンナ・ステラ、IKU a.k.a. ヨハンナ・オーダスキー、Larry、ラーズ・TCF・ホルトゥス、小林リリウム、ライラ、谷口真人、竹村延和、シャナ・モールトン、toiret status、トモコ・ソヴァージュ、Y.Ohashi.ら。

会期中には、トモコ・ソヴァージュによる子供のためのワークショップとコンサートや、ダンビ・キムとラーズ・TCF・ホルトゥスによるワークショップ、竹村延和の新作『<時の受容>四人の演奏家のための』の発表、谷口真人によるアニメーションとDJ Paypalによるパフォーマンスのコラボなどが行なわれる。詳細は『インフラ INFRA』のオフィシャルサイトで確認しよう。

『インフラ INFRA 2017「Inside the Outside World ―外の世界の内で―」』ロゴ
『インフラ INFRA 2017「Inside the Outside World ―外の世界の内で―」』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)