ニュース

『第21回文化庁メディア芸術祭』作品募集中 審査委員にみなもと太郎ら

『第21回文化庁メディア芸術祭』ロゴ
『第21回文化庁メディア芸術祭』ロゴ

『第21回文化庁メディア芸術祭』の作品募集が10月5日まで行なわれている。

「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で国内外の優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』。前回は88の国と地域から4千を超える作品が寄せられた。

応募条件は、昨年9月10日から今年10月5日までの間に完成または公開された作品。この期間中に更新やリニューアルされた作品も応募が可能となる。審査委員には、アート部門に石田尚志、中ザワヒデキ、藤本由紀夫ら、エンターテインメント部門に遠藤雅伸、工藤健志、佐藤直樹ら、アニメーション部門に西久保瑞穂、森野和馬、横田正夫ら、マンガ部門に門倉紫麻、古永真一、松田洋子、みなもと太郎らがそれぞれ名を連ねている。

募集期間は10月5日18:00まで。各賞の発表は2018年3月に行なわれ、受賞作品展は2018年6月13日から6月24日まで、東京・六本木の国立新美術館で開催される。あわせて自由に推薦が可能な「注目作品」の登録も受付中。詳細は『第21回文化庁メディア芸術祭』のウェブサイトを確認しよう。

なお前回『第20回文化庁メディア芸術祭』の受賞作品展が、9月16日から東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティ アートギャラリーほかで開催される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進