ニュース

『第21回文化庁メディア芸術祭』作品募集中 審査委員にみなもと太郎ら

『第21回文化庁メディア芸術祭』ロゴ
『第21回文化庁メディア芸術祭』ロゴ

『第21回文化庁メディア芸術祭』の作品募集が10月5日まで行なわれている。

「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で国内外の優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』。前回は88の国と地域から4千を超える作品が寄せられた。

応募条件は、昨年9月10日から今年10月5日までの間に完成または公開された作品。この期間中に更新やリニューアルされた作品も応募が可能となる。審査委員には、アート部門に石田尚志、中ザワヒデキ、藤本由紀夫ら、エンターテインメント部門に遠藤雅伸、工藤健志、佐藤直樹ら、アニメーション部門に西久保瑞穂、森野和馬、横田正夫ら、マンガ部門に門倉紫麻、古永真一、松田洋子、みなもと太郎らがそれぞれ名を連ねている。

募集期間は10月5日18:00まで。各賞の発表は2018年3月に行なわれ、受賞作品展は2018年6月13日から6月24日まで、東京・六本木の国立新美術館で開催される。あわせて自由に推薦が可能な「注目作品」の登録も受付中。詳細は『第21回文化庁メディア芸術祭』のウェブサイトを確認しよう。

なお前回『第20回文化庁メディア芸術祭』の受賞作品展が、9月16日から東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティ アートギャラリーほかで開催される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄