ニュース

エドワード・ヤン『牯嶺街少年殺人事件』『台北ストーリー』が初BD&DVD化

エドワード・ヤン監督の映画『牯嶺街少年殺人事件』『台北ストーリー』のBlu-rayとDVDが11月2日にリリースされる。

『牯嶺街少年殺人事件』は1991年に台湾で公開された作品。1960年前後の台北を舞台に、中学生のシャオスーが不良グループのリーダーの彼女だというシャオミンに恋心を抱き、やがてある事件に至るまでを描く。今年3月には236分の4Kレストア・デジタルリマスター版がリバイバル上映された。

『台北ストーリー』は1985年に台湾で公開されたエドワード・ヤン監督の長編第2作。幼なじみのアジンとアリョンを中心に、1980年代の台北を描く。共同脚本と主演をホウ・シャオシェンが務め、音楽をヨーヨー・マが手掛けた。5月にはホウ・シャオシェン監修による4Kデジタル修復版が日本公開された。

『牯嶺街少年殺人事件』『台北ストーリー』が日本でBlu-rayとDVDにパッケージされるのは今回が初めて。共に4Kレストア・デジタルリマスター版の映像が収録される。特典として『牯嶺街少年殺人事件』にはスペシャルケース、ブックレット、特別映像が、『台北ストーリー』には同作の脚本を手掛けたホウ・シャオシェンとチュウ・ティエンウェンのインタビュー映像や、ホウ・シャオシェンのメッセージ動画などが収められる。

なお今年はエドワード・ヤンの生誕70年、没後10年にあたる。

『牯嶺街少年殺人事件』 ©1991 Kailidoscope
『牯嶺街少年殺人事件』 ©1991 Kailidoscope
『台北ストーリー』 ©3H productions ltd. Tous droits reserves
『台北ストーリー』 ©3H productions ltd. Tous droits reserves
『牯嶺街少年殺人事件』ジャケット ©1991 Kailidoscope
『牯嶺街少年殺人事件』ジャケット ©1991 Kailidoscope
『台北ストーリー』ジャケット ©3H productions ltd. Tous droits reserves
『台北ストーリー』ジャケット ©3H productions ltd. Tous droits reserves
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 1

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  2. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 2

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  3. 森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役 3

    森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役

  4. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 4

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  5. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 5

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  6. 峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報 6

    峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報

  7. 香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表 7

    香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表

  8. 1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播 8

    1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

  9. ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る 9

    ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

  10. のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も 10

    のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も