ニュース

「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」特集に『ひなぎく』など9作品

上映企画『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』が、11月に東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」と呼ばれる、1960年代にチェコスロヴァキアで制作された映画作品を集める同企画。FAMUこと国立プラハ芸術アカデミー映画学部に学んだヤン・ニェメツ、ヤロミル・イレシュらを中心に、当時の若手作家らによる9作品を上映する。なおチェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグの一員とされる作家の多くは、1968年のプラハの春、チェコ事件以降、国外に脱している。

ラインナップには、ヴェラ・ヒティロヴァー監督作『ひなぎく』、1966年の公開時に政権批判的な内容と判断され、上映禁止となったヤン・ニェメツ監督作『パーティーと招待客』、今回が日本初公開となるニェメツ監督の『愛の殉教者たち』、ミラン・クンデラが原作と共同脚本を担当したヤロミル・イレシュ監督の『受難のジョーク』をはじめ、イジー・メンツェル、ユライ・ヘルツ、カレル・ゼマン、ヤーン・カダール、エルマル・クロスによる監督作が並ぶ。

同企画は12月から名古屋、京都、神戸、大阪などで順次開催予定。10月には「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」にまつわる書籍が刊行される。また12月2日から東京・ユジク阿佐ヶ谷で、イジー・ブルデチュカの関連作品を特集する『生誕100年 ブルデチュカ映画祭』が開催される。

『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』ポスタービジュアル
『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』ポスタービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も 1

    NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も

  2. ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面 2

    ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面

  3. 石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている 3

    石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

  4. Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く 4

    Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

  5. 志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開 5

    志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開

  6. サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM 6

    サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM

  7. 日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く 7

    日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く

  8. NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城 8

    NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城

  9. 映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開 9

    映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開

  10. ディカプリオ×ブラピ、タランティーノ新作映画の特報&海外ビジュアル公開 10

    ディカプリオ×ブラピ、タランティーノ新作映画の特報&海外ビジュアル公開