ニュース

「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」特集に『ひなぎく』など9作品

上映企画『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』が、11月に東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」と呼ばれる、1960年代にチェコスロヴァキアで制作された映画作品を集める同企画。FAMUこと国立プラハ芸術アカデミー映画学部に学んだヤン・ニェメツ、ヤロミル・イレシュらを中心に、当時の若手作家らによる9作品を上映する。なおチェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグの一員とされる作家の多くは、1968年のプラハの春、チェコ事件以降、国外に脱している。

ラインナップには、ヴェラ・ヒティロヴァー監督作『ひなぎく』、1966年の公開時に政権批判的な内容と判断され、上映禁止となったヤン・ニェメツ監督作『パーティーと招待客』、今回が日本初公開となるニェメツ監督の『愛の殉教者たち』、ミラン・クンデラが原作と共同脚本を担当したヤロミル・イレシュ監督の『受難のジョーク』をはじめ、イジー・メンツェル、ユライ・ヘルツ、カレル・ゼマン、ヤーン・カダール、エルマル・クロスによる監督作が並ぶ。

同企画は12月から名古屋、京都、神戸、大阪などで順次開催予定。10月には「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」にまつわる書籍が刊行される。また12月2日から東京・ユジク阿佐ヶ谷で、イジー・ブルデチュカの関連作品を特集する『生誕100年 ブルデチュカ映画祭』が開催される。

『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』ポスタービジュアル
『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』ポスタービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆