アニメ版『GODZILLA』予告編 ゴジラの「顔」が初公開、人類との対決も

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の予告編と新たなビジュアルが公開された。

11月17日から全国で公開される同作は、「怪獣」と呼ばれる巨大生物たちとの戦いに敗れた人類が、他惑星への移民計画に失敗した未来を舞台にした3部作の第1弾。長距離亜空間航法で移民計画から地球に帰還した主人公ハルオ・サカキらが、2万年後の地球に築き上げられていた、ゴジラを頂点とする未知の生態系を目撃するというあらすじだ。

公開された予告編では、ゴジラの顔や表情が初公開。宮野真守が声を演じる主人公のハルオが、「その日初めて人類は、地球という惑星の支配者が自分たちだけではないと知った」と独白するセリフや、再び地球に降り立った人類が環境の変化に圧倒される様子、人類の戦闘機が超進化生命体・ゴジラに攻撃を浴びせる姿などが確認できる。ポスタービジュアルには「滅びるのは、人か、ゴジラか」というコピーが記載されている。

『GODZILLA 怪獣惑星』では、監督を静野孔文、瀬下寛之、ストーリー原案と脚本を虚淵玄(ニトロプラス)、アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが担当。声の出演には宮野真守、花澤香菜、櫻井孝宏、杉田智和、梶裕貴、諏訪部順一が名を連ねている。

作品情報

『GODZILLA 怪獣惑星』

2017年11月17日(金)から全国公開
監督:静野孔文、瀬下寛之 ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス) アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ 声の出演: 宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶裕貴 諏訪部順一 配給:東宝映像事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アニメ版『GODZILLA』予告編 ゴジラの「顔」が初公開、人類との対決も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて