ニュース

大橋可也&ダンサーズの舞台『ザ・ワールド2017』、日没前後に2作品を上演

『ザ・ワールド2017』フライヤービジュアル表
『ザ・ワールド2017』フライヤービジュアル表

大橋可也&ダンサーズの舞台『ザ・ワールド2017』が9月21日と22日に東京・豊洲シビックセンターホールで上演される。

『ザ・ワールド』は、大橋可也&ダンサーズとドラマトゥルクの長島確によって2013年に始動したプロジェクト。「土地の記憶を吸う吸血鬼」をモチーフに、2020年の東京オリンピックに向けて変化している江東区内でリサーチを行ない、ダンス作品を制作、発表している。

『ザ・ワールド2017』では、ガラス張りの壁面から外光が射し込む豊洲シビックセンターホールの日没を挟む時間帯に、各日『FALLING GOOD SUN』と『BAD MOON RISING』の2作品を上演。出演者は公募によって加わったダンサーを含む12人となる。振付、構成、演出は大橋可也、音楽は涌井智仁、映像は吉開菜央がそれぞれ担当。衣装はるう(ROCCA WORKS)、フライヤーデザインはagasukeが手掛けた。

会場ではリサーチ活動から生まれた「ザ・ワールド2017 リサーチドキュメント」を配布。リサーチドキュメントのデザインは石塚俊が行なった。チケットは現在販売中。

『クラウデッド』より photo: GO
『クラウデッド』より photo: GO
『ヘヴィメタル』より photo: GO
『ヘヴィメタル』より photo: GO
『クラウデッド』より photo: GO
『クラウデッド』より photo: GO
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業