ニュース

KAT-TUN上田竜也が歌舞伎町の鑑定士に テレ東新ドラマ『新宿セブン』主演

『新宿セブン』 ©観月 昴・奥 道則/日本文芸社 ©2017「新宿セブン」製作委員会
『新宿セブン』 ©観月 昴・奥 道則/日本文芸社 ©2017「新宿セブン」製作委員会

連続ドラマ『新宿セブン』が10月からテレビ東京系で放送される。

『漫画ゴラクスペシャル』で連載中の同名漫画をもとにした同作は、新宿・歌舞伎町を舞台に、時計やバッグ、拳銃、薬、臓器など様々な物が持ち込まれる質屋の店主・七瀬が、持ち込まれる品物から依頼人の悩みを解決していく様を描く作品。アクションシーンも多く取り入れられるほか、海外ロケも敢行する。

「“七つ屋”の七瀬」と呼ばれ、歌舞伎町の「顔」として恐れられる天才鑑定士・七瀬役を演じるのは、連続ドラマ初主演となる上田竜也(KAT-TUN)。上田はソロとして初めて主題歌も担当する。

上田竜也は連続ドラマ初主演を果たすことについて「やることは今まで通り、『全力でやる!』ということは変わりないのですが、やっぱり芝居が好きで、芝居をやっていくうえで、主演というのはひとつの夢だったので、すごく嬉しく光栄に思います」とコメント。

また10年以上のボクシング歴を生かしたアクションシーンについて「すごく楽しみですね。自分の気持ちとしてはガンガンやっていきたいです!どんな要望にもこたえようと思いますし、やりがいがあります」と意気込みを見せている。

さらに初めてソロで主題歌を歌うことについては、「充電期間に、メンバーそれぞれが成長するという役目をしっかり今回も果たして、全力で歌いたいなと思います。それがうまくドラマの世界にハマればいいなと思いますし、自分が成長することによってグループの活動に結びついていくと思っています」と語っている。

プロデューサーの田辺勇人(テレビ東京)は上田について「ビジュアルはもちろん、強さや色気、鑑定時の説得力など、まさに原作で描かれている七瀬がこの世にいたら上田さんしかいないと言っても過言ではありません!それくらいはまっていると思います」と太鼓判を押している。

上田竜也(KAT-TUN)のコメント

『新宿セブン』への出演オファーを初めて聞いた時の感想
原作の漫画を読んだことがあったので、この作品をやらせてもらえるんだ!とびっくりしたのが素直な気持ちです。
自分の中でひとつ、こういった役柄は絶対にやりたいと思っていたので、引き寄せられたというか...。自分の持っているものをうまく引き出しやすい役かなと思います。決して“いい人”ではない。でも、芯に曲げたくないことは絶対的にあって。自分の中でやっちゃいけないことの信念があり、そして熱い部分を持っているので、「全然理解できない!」というよりは、自分に考え方が近いと思います。自分もこれだと思ったことを曲げたくなかったりするので、そういった面では七瀬の鑑定するときの想いだったり、性格も似ている部分があるので、勉強し甲斐があるなと思っています。

連続ドラマ初主演について
今まで、いろんなドラマに出させていただきまして、やることは今まで通り、「全力でやる!」ということは変わりないのですが、やっぱり芝居が好きで、芝居をやっていくうえで、主演というのはひとつの夢だったので、すごく嬉しく光栄に思います。

役作りについて
鑑定するときの目の動きだったり、表情だったりというのは、原作を読んでいても、いろんなバリエーションがあったので、その辺りは、今からしっかり考えないといけないなと思っています。

アクションシーンについて
すごく楽しみですね。自分の気持ちとしてはガンガンやっていきたいです!
どんな要望にもこたえようと思いますし、やりがいがあります。

普段のトレーニングについて
これまでの経験が今回の役につながった気がします。七瀬は、自分よりもうちょっと体格がいい役なので、監督にも言われて、体重を増量しようかと考えています。

「ドラマ24」枠への出演について
自分自身、よく観ていました「ドラマ 24」に出られることを光栄に思います。この枠は他ではチャレンジしないような、攻めているイメージがあるので、この作品もそういう攻めの部分があり、みんながいいなと思える作品にしたいなと思います。

初めてソロで主題歌を担当することについて
こういったことひとつひとつに参加させていただくことが、自分の成長につながっていくと思うので、充電期間に、メンバーそれぞれが成長するという役目をしっかり今回も果たして、全力で歌いたいなと思います。それがうまくドラマの世界にハマればいいなと思いますし、自分が成長することによってグループの活動に結びついていくと思っています。

中丸雄一(KAT-TUN)が4月クールのドラマ24枠『マッサージ探偵ジョー』に出演していたことについて
観ていましたよ。中丸君らしい、すごくハマったと役いうか、シュールでいいところが出ていましたね。

『マッサージ探偵ジョー』と『新宿セブン』との違い
中丸君がやっていたジョーの主題歌もドラマの世界観に合ってましたが、今回自分がやらせていただくことになり、“自分の色”みたいなものが明確に出ると思うので、「新宿セブン」の世界観を自分の中でも楽しみたいと思います。

ドラマの舞台となる新宿にまつわる思い出
ジャニーズJr.の時には、レッスン帰りに新宿を通っていたので、ゲーセンに行ったりとよく遊んでいました。中丸とは新宿を練り歩いてました(笑)。

視聴者へのメッセージ
キャストの皆さんとスタッフの皆さんと一緒にいろんなことを話し合って、最高の作品を届けることをお約束しますので、ぜひ楽しみに待っていてください。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」