ニュース

前田旺志郎主演の青春映画『レミングスの夏』予告編 音楽はスネオヘアー

『レミングスの夏』 ©竹吉優輔/講談社
『レミングスの夏』 ©竹吉優輔/講談社

10月1日から東京・渋谷のユーロライブほか全国で順次公開される映画『レミングスの夏』の予告編が公開された。

竹吉優輔の同名小説を原作にした同作は、茨城・取手を舞台にした青春ミステリー。小学生だった6年前に仲間を失った「レミングス」の少年・少女たちが、中学2年の夏にある計画を実行する、というあらすじだ。

主人公のナギこと南木秀平役に同作が初の単独主演作となる前田旺志郎(まえだまえだ)、語り手となる千葉旭役に菅原麗央、レミングスのメンバー松田基夫役に遠藤史人、茅野陽子役に瑚々、神林美都役に桃果、誘拐される白石宏美役に平塚麗奈がキャスティング。共演者にはモロ師岡、中村ゆり、田中要次、渡辺裕之、音楽も担当したスネオヘアーが名を連ねる。監督、脚本を務めたのは五藤利弘。

前田旺志郎は「普段僕はずっと笑ってニコニコしているのですが、それを封印して演じた、“常に何か闇を抱えてるナギ”の暗い表情を見て欲しいです」、原作者の竹吉優輔は映画化について「キャラクター達は読者の方々のものであり、それを固定化してしまうことには少なからず抵抗がありました(もちろんキャストの皆さんのお陰で、良い意味で裏切られましたが)。ただ、五藤監督の『静』の描写が好きなので、作者のエゴとして映像を観てみたいと映画化のオファーに快諾しました」とそれぞれコメントしている。

また五藤利弘監督は「モデルとした映画は特にはありませんが、ナギとアキラの友情と、友情が強いからこその裏切りと反目を浮かび上がらせたいと一番に思い、特に、ナギとアキラの関係性、描き方などは、『スタンド・バイ・ミー』や『少年時代』を参考にしました」と述べている。

前田旺志郎のコメント

はじめは何も考えずに読んだのですが、どんどん引き込まれていって、アサミさんの目線、ナギたちの目線の両方で家で泣いてしまいました。
僕が今回演じさせていただいたナギという役は普段の自分とは違う部分が多く、新たな挑戦という意味で是非ともやってみたい!と思いました。ナギはレミングスの中心人物でありリーダー的な存在です。普段はみんなをまとめていますが、責任感と執着心の強さから目的を果たす事にとらわれて周りが見えなくなってしまうところがあります。
普段僕はずっと笑ってニコニコしているのですが、それを封印して演じた、“常に何か闇を抱えてるナギ”の暗い表情を見て欲しいです。
今回は復讐という内容ですが、そういった暗い感情であっても仲間と一つの目標に向かって進む姿勢というのは同じだと思います。なので、何かを諦めずに頑張ろうとする人の励みに少しでもなれれば嬉しいです。

五藤利弘監督のコメント

初めて原作を読んだ際、少年たちの繊細な心と、理不尽なものへ挑む勇気と、仲間を思いやる友情など、当たり前のようでなかなか気づくことのできないものが盛り込まれていて、忘れていたものを思い起こされたような感動を覚えました。江戸川乱歩賞作家らしいミステリー要素と、映画がお好きな竹吉さんらしい躍動感溢れる描写が新鮮で、読みながら映像が浮かびました。今を生きる自分たちが忘れかけている友情や、少年たちの瑞々しい姿を映画で描きたいと思っていたこともあり、ぜひこれを映像にしたいと思いました。原作から感じた少年たちの大胆で勇気を振り絞った行動の反面にある繊細さ、仲間との友情、そして理不尽なことを許せない、見過ごせない、真っ直ぐな心を描きたかったです。
モデルとした映画は特にはありませんが、ナギとアキラの友情と、友情が強いからこその裏切りと反目を浮かび上がらせたいと一番に思い、特に、ナギとアキラの関係性、描き方などは、『スタンド・バイ・ミー』や『少年時代』を参考にしました。
本作は、少年たちが自分たちの心に向き合いながら葛藤しながら大きな行動を起こす映画です。皆さんもぜひ「レミングス」の一員になって少年少女たちの揺れ動く心を一緒になって感じて頂けましたら幸いです。

竹吉優輔のコメント

年齢を重ね、不条理なことを「仕方ない」と思うことが増えたと感じ、本気で不条理に立ち向かう人間を書いてみようと思ったことが始まりで、本作を執筆しました。
キャラクター達は読者の方々のものであり、それを固定化してしまうことには少なからず抵抗がありました(もちろんキャストの皆さんのお陰で、良い意味で裏切られましたが)。ただ、五藤監督の「静」の描写が好きなので、作者のエゴとして映像を観てみたいと映画化のオファーに快諾しました。
映画化にあたり、レミングスの旅路を、爽やかなものにしてほしいとお願いしました。社会問題の要素もあるので、暗く描こうと思えばどこまでも暗くできてしまう。それでもやはり、これは少年達の物語なのだということを伝えました。
前田旺志郎さんには頼もしくも繊細なナギを演じていただいて、本当に感謝です。
この映画のクランクアップの際、レミングスの皆さんはソーダで乾杯をしていました。その姿はとても綺麗で眩しくて、尊いものでした。若い俳優さんの「全力」、他の役者さん達の妙技、スタッフさん達の努力、そして五藤監督の演出。そのどれかに一つでも唸っていただければ、なぜか私が嬉しいです。あと、もちろん原作も面白いですよ!

『レミングスの夏』ポスタービジュアル ©竹吉優輔/講談社
『レミングスの夏』ポスタービジュアル ©竹吉優輔/講談社
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー