ニュース

ジム・ジャームッシュ特集の『ユリイカ』にアダム・ドライバー、永瀬正敏ら

ジム・ジャームッシュの特集記事が、8月28日刊行の『ユリイカ2017年9月号』に掲載される。

アメリカ・オハイオ州出身の映画監督ジム・ジャームッシュ。1980年にニューヨーク大学大学院の卒業制作『パーマネント・バケーション』でデビューを果たし、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『ブロークン・フラワーズ』をはじめとする作品を発表している。バス運転手の1週間を描いた新作『パターソン』が8月26日から、The Stoogesを追ったドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』が9月2日から日本公開される。

同特集にはジム・ジャームッシュへのインタビューや、ジャームッシュによる初訳のエッセイをはじめ、『パターソン』に出演したアダム・ドライバー、永瀬正敏へのインタビュー、『ギミー・デンジャー』の主人公となるIggy Popの撮影経験を持つ写真家・鋤田正義のインタビューと作品、伊賀大介と村上虹郎による対談を掲載。

また佐々木敦、樋口泰人、湯浅学、長谷川町蔵、篠儀直子、堀内正規、浅井一仁、上原輝樹、森元斎、松村正人、齊藤弘平、川崎佳哉、高村峰生、大森さわこ、中川千帆による論考や、フィルモグラフィーも収められる。

 

『ユリイカ2017年9月号』表紙
『ユリイカ2017年9月号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと