ニュース

東出昌大が1人2役 『寝ても覚めても』に瀬戸康史、山下リオ、渡辺大知ら

映画『寝ても覚めても』の追加キャストが発表された。

『ハッピーアワー』などの濱口竜介監督による商業デビュー作となる同作は、柴崎友香の同名小説が原作。忘れられないかつての恋人・麦と、彼と同じ顔をした誠実なサラリーマン・亮平の間で揺れる女性・朝子の8年間を描く恋愛映画となる。これまでに麦と亮平の2役を東出昌大、ヒロイン・朝子役を唐田えりかが演じることがわかっていた。

今回出演が明らかになったのは、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)、仲本工事、田中美佐子。瀬戸康史は亮平の会社の後輩・串橋役、山下リオは朝子のルームメイトで女優の卵のマヤ役、伊藤沙莉は朝子の親友・春代役を演じる。また渡辺大知は麦の友人・岡崎役、田中美佐子は岡崎の母親・栄子役にキャスティング。仲本工事は主人公たちを繋ぐ重要人物・平川役を演じる。

同作は8月25日にクランクアップ。濱口監督は撮影を振り返り「役者さんたちの間に生まれた信頼関係が、お互いの魅力を引き出してくれたと思います。何より、主演の東出さんが献身的に、撮影のすべてを支えてくれました。東出さんの存在があったからこそ、ヒロインの唐田さんの輝きが増しました」とコメントしている。

濱口竜介監督のコメント

『寝ても覚めても』、とても素敵な現場でした。
集まってくれたすべてのキャストとスタッフに感謝します。
まず、本当に面白い原作があって、「この人たちしかいない」と思える、とても素晴らしいキャストが集まった現場でした。
役者さんたちの間に生まれた信頼関係が、お互いの魅力を引き出してくれたと思います。
何より、主演の東出さんが献身的に、撮影のすべてを支えてくれました。
東出さんの存在があったからこそ、ヒロインの唐田さんの輝きが増しました。
自分の眼の前で、カメラの前で、とても素晴らしいことがたくさん起きた撮影でした。
原作の大切な部分も、映画の中にしっかりと残せたと思っています。
きっと、この上なく面白い映画になるでしょう。
それをちゃんとお届けできるよう、これから頑張ります。期待してお待ちください。

瀬戸康史
瀬戸康史
山下リオ
山下リオ
渡辺大知
渡辺大知
伊藤沙莉
伊藤沙莉
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音