日仏合作『泳ぎすぎた夜』、青森の小学生が主演 『ヴェネチア』出品も

映画『泳ぎすぎた夜』が、2018年春に東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

日本とフランスの合作となる同作は、青森を舞台にある少年の冒険を描いた作品。少年が学校に向かう途中に道を外れて、前の晩に夜通し描いた自分の絵を届けに、夜中から父親が働いている魚市場を目指して雪道を歩くというあらすじだ。

監督を務めたのは『息を殺して』などの五十嵐耕平と、『若き詩人』などを手掛けたフランス出身のダミアン・マニヴェル。今回の共同監督は2014年の『ロカルノ国際映画祭』での出会いをきっかけに実現したという。主演を青森在住の小学2年生・古川鳳羅が務め、家族役を実際の家族が演じている。

9月9日までイタリアで開催中の『第74回ヴェネチア国際映画祭』オリゾンティ部門に正式出品されているほか、今月開催される『第65回サン・セバスチャン国際映画祭』に正式出品される。なお『第74回ヴェネチア国際映画祭』のディレクターを務めるアルベルト・バルベラの推薦コメントも発表されている。

アルベルト・バルベラ(『第74回ヴェネチア国際映画祭』ディレクター)のコメント

私はこの小さな映画に恋をしてしまった。
その子供は、信じられないくらいに表現力豊かである。
舞台は冬の日本の北部に位置する小さな町であり、魔法がかった風景、それはもうほとんど幻想的だ。何も起こらない物語――その子供は、魚市場で働く彼の父親を探すために家を出る。そして見知らぬ街で迷子になる。
それは極めて詩的な、極めて厳密な構成美で描かれた、極めて魅惑的なそぞろ歩きである。この映画は、一見何も物語っていないように見えるが、しかしさてはて、たくさんのことを深く私たちに語りかけてくるのだ。

 

作品情報

『泳ぎすぎた夜』

2018年春にシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督:五十嵐耕平、ダミアン・マニヴェル 出演: 古川鳳羅 古川蛍姫 古川知里 古川孝 工藤雄志 はな 上映時間:78分
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 日仏合作『泳ぎすぎた夜』、青森の小学生が主演 『ヴェネチア』出品も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて