セカオワSaoriこと藤崎彩織の初小説『ふたご』10月刊行 手書き原稿も

Saoriこと藤崎彩織(SEKAI NO OWARI)の初小説『ふたご』が、10月28日に刊行される。

「文春文庫 秋100ベストセレクション」のイメージキャラクターを務めるSEKAI NO OWARI。藤崎彩織は8月に、夫である俳優・池田大との間に子供を授かったことを発表した。また文芸誌『文學界』でエッセイ「読書間奏文」を連載している。

『ふたご』は、ピアノだけが友達だった中学生・夏子が、破天荒な男子高校生・月島と出会い、やがてバンドを結成するというあらすじ。夏子を「ふたごのようだと思っている」と語りながらも振り回す月島と、彼の仲間たちと共同生活を送りながら、自らの居場所を見つけようとする夏子の姿が描かれる。構想に5年以上をかけたという青春小説だ。

なお「文春文庫 秋100ベストセレクション」の特設サイトでは、同キャンペーンのPR映像が公開。あわせて『ふたご』の序章を綴った手書き原稿も掲載される。

書籍情報

『ふたご』

2017年10月28日(土)発売 著者:藤崎彩織 価格:1,566円(税込) 発行:文藝春秋

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • セカオワSaoriこと藤崎彩織の初小説『ふたご』10月刊行 手書き原稿も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて