ニュース

荒木経惟×ユルゲン・テラーが写真対決 『SWITCH』で同一モデルを撮影

特集記事「ARAKI TELLER TELLER ARAKI 2017 荒木経惟×ユルゲン・テラー 決闘写真論」が、9月20日発売の『SWITCH Vol.35 No.10』に掲載される。

同特集は、写真家の荒木経惟とユルゲン・テラーによるコラボレーション企画。荒木とテラーが同誌の表紙を飾るモデルのアナ・イワーズを東京で同時に撮影したフォトストーリー「ARAKI TELLER TELLER ARAKI 2017」や、荒木とテラーの対談、テラーが荒木への友情や敬愛を綴ったエッセイ『お月さまの頭から』、7月までドイツ・ベルリンで開催されたテラーの個展『ENJOY YOUR LIFE!』の現地レポート、1990年代から現在までを振り返るテラーへのインタビューなどを掲載する。

オフィシャルサイトで同誌を予約すると荒木経惟とユルゲン・テラーが撮影したタブロイド型の両面ポスターがプレゼントされる。

『SWITCH Vol.35 No.10』表紙
『SWITCH Vol.35 No.10』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)