「超記憶」の女性の物語 チーム夜営の新作公演『記憶の人』11月上演

チーム夜営の公演『記憶の人』が、11月3日から東京・八広のyahiro8で上演される。

美術、映像、グラフィックデザイン、イラストレーションなどの分野で活動するメンバーが集い、演劇作品を制作する集団・チーム夜営。メンバーには大竹竜平、内田圭、小林弘樹、高澤聡美、寺本愛が名を連ねている。昨年には人工衛星の3兄弟と中国の小型気象観測衛星を描いた『衛星の兄弟』を上演した。

約15か月ぶりの新作公演となる『記憶の人』は、人並み外れた記憶力を持ち、些細なことでも全て覚えてしまう女性・船瀬昨良が主人公。膨大な記憶に疲れ、徐々に日常生活が送れなくなった昨良が、年老いてから回想の中に閉じこもった日々を送るというあらすじだ。

出演者は高澤聡美、馬場太史(俳優座)。演出はチーム夜営、脚本は大竹竜平が担当する。イラストレーションは寺本愛が手掛けている。チケット予約は本日9月9日から受付中。

イベント情報

チーム夜営vol.5
『記憶の人』

2017年11月3日(金・祝)~11月5日(日)全6公演 会場:東京都 八広 yahiro8
脚本:大竹竜平 演出:チーム夜営 出演: 高澤聡美 馬場太史(俳優座) 料金:前売2,500円 当日3,000円
  • HOME
  • Stage
  • 「超記憶」の女性の物語 チーム夜営の新作公演『記憶の人』11月上演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて