ニュース

渋谷慶一郎率いるATAKの全作品がデジタル配信 2月まで毎月、廃盤作品も

Keiichiro Shibuya『ATAK015 for maria』ジャケット
Keiichiro Shibuya『ATAK015 for maria』ジャケット

渋谷慶一郎率いるレーベル・ATAKの全作品が配信リリースされることがわかった。

2002年に設立され、これまでに20以上の作品をリリースしているATAK。配信は9月から2018年2月にかけて、毎月11日に3タイトルまたは4タイトルずつ実施される。iTunes、Amazon Musicなど30以上のデジタルストアで配信・販売されるほか、OTOTOYでは高音質音源の販売に加え、渋谷慶一郎と八木皓平による対談連載も行なわれる。

本日9月11日に配信が開始されたのは、2002年にリリースされたレーベル初の作品で、渋谷慶一郎とATAKの共同設立者・mariaがslipped disk名義で制作した『ATAK001』、2003年に電子音楽に復帰した高橋悠治と渋谷慶一郎がコラボレーションした作品で、のちに絶版となっていた『ATAK002』、2008年に発表された渋谷慶一郎初のピアノソロアルバム『ATAK015 for maria』の3作品となる。

Keiichiro Shibuya + Yuji Takahashi『ATAK002』ジャケット
Keiichiro Shibuya + Yuji Takahashi『ATAK002』ジャケット
slipped disk『ATAK001』ジャケット
slipped disk『ATAK001』ジャケット
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)