ニュース

宮城の『爆音映画祭』に『ベイビー・ドライバー』『デッドプール』など9本

『爆音映画祭 in MOVIX利府』
『爆音映画祭 in MOVIX利府』

上映イベント『爆音映画祭 in MOVIX利府』が、10月7日から宮城・MOVIX利府で開催される。

樋口泰人(boid)がプロデューサーを務め、音楽ライブ向けの音響機器で映像作品を上映する『爆音映画祭』。MOVIX利府では初開催となる。

ラインナップは9作品。『爆音映画祭』で初めて上映される『ベイビー・ドライバー』『ワイルド・スピード SKY MISSION』『ジュラシック・ワールド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『デッドプール』のほか、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『キングスマン』『ラ・ラ・ランド』『この世界の片隅に』がタイトルを連ねる。音響は作品にあわせて調整されるという。

チケットは9月16日に発売。詳細は『爆音映画祭 in MOVIX利府』のウェブサイトをチェックしよう。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)