ニュース

映画『妖怪ウォッチ』に『ゲゲゲの鬼太郎』キャラ登場 「鬼太ニャン」も

12月16日から公開される『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』に、『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターが登場することが発表された。

同作はレベルファイブが企画・原作を手掛ける『妖怪ウォッチ』の劇場版第4弾。これまでの主人公・ケータが活躍した時代から30年後を舞台に、妖怪ウイルス・鬼まろによって滅亡の危機に瀕した人類を、新たな妖怪ウォッチの担い手やジバニャンをはじめとする妖怪たちが救出しようとする姿を描く。

同作には鬼太郎をはじめ、目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、ねずみ男といった『ゲゲゲの鬼太郎』の妖怪たちが登場。劇中ではジバニャンたちが、伝説の存在である鬼太郎に助けを求めて「ゲゲゲの森」にたどり着く設定となる。あわせて鬼太郎の妖気を受けてジバニャンが変化したという「鬼太ニャン」のビジュアルも公開されている。

鬼太郎の声を演じるのは野沢雅子。野沢は1968年にアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』で鬼太郎の初代声優を務めており、同作がシリーズアニメ初主演作となっている。今回の出演について野沢は「今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。妖怪は不滅です」と述べている。

野沢雅子のコメント

初めてのシリーズ主人公、鬼太郎は私の中でしっかり生きています。
今回、妖怪ウォッチにおじゃまする事になり、どんな風に受け入れられるのか、どんな歓待を受けるのか、いろいろ私なりに楽しみながら想像しています。
今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。妖怪は不滅です。

ジバニャンのコメント

えええーーーっ!あの伝説の鬼太郎センパイが、妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!?
まじヤバいニャン!これはもう見るしかないニャン!

日野晃博(レベルファイブ)のコメント

今回、妖怪ウォッチの世界観はシリアスに変わっているのですが、ここで大人が見るに堪えるものにするというコンセプトが生まれました。現代の大人において『妖怪』と言えば、やはり鬼太郎ではないでしょうか。というわけで、鬼太郎とコラボしたいという発想に至りました。とはいえ、根底にあるのは単純に、妖怪ウォッチの面々と鬼太郎がコラボするさまを見てみたい!そういう思いからです。
今回の妖怪ウォッチと鬼太郎とのコラボは、妖怪の歴史を重ね合わせる壮大なコラボだと思います。これが実現できたことは、スタッフ一同感無量です。ぜひ、スクリーンで、妖怪ウォッチと鬼太郎がコラボする姿を見てください!

「鬼太ニャン」 ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 ©水木プロ・東映アニメーション
「鬼太ニャン」 ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 ©水木プロ・東映アニメーション
鬼太郎と目玉おやじ ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 ©水木プロ・東映アニメーション
鬼太郎と目玉おやじ ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 ©水木プロ・東映アニメーション
左から:鬼太郎と目玉おやじ、子泣きじじい、砂かけばばあ、ねずみ男、ねこ娘、一反もめん ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 ©水木プロ・東映アニメーション
左から:鬼太郎と目玉おやじ、子泣きじじい、砂かけばばあ、ねずみ男、ねこ娘、一反もめん ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 ©水木プロ・東映アニメーション
『ゲゲゲの鬼太郎』 ©水木プロ・東映アニメーション
『ゲゲゲの鬼太郎』 ©水木プロ・東映アニメーション
ジバニャン ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017
ジバニャン ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017
野沢雅子
野沢雅子
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)