坂口健太郎が京都弁で有村架純に「食べる?」 映画『ナラタージュ』新映像

映画『ナラタージュ』の劇中映像が公開された。

公開された映像中では、坂口健太郎が京都弁を披露。坂口演じる大学生・小野怜二が、有村架純演じる工藤泉を連れて京都にある実家に帰省する場面で、小野が母親が作ったカレーを泉に「食べる?」「俺食べるから、ちょっと食べてみる?」と京都弁のイントネーションで話す様子が確認できる。坂口健太郎は東京出身。

10月7日から全国で公開される映画『ナラタージュ』は、島本理生の同名小説を原作に、高校の教師と生徒として出会った葉山貴司と工藤泉が再会し、激しい恋に落ちる様を描く作品。再会をきっかけに、忘れようとしていた想いを抑えられなくなっていく泉に対し、葉山が離婚の成立していない妻の存在を告げるというあらすじだ。葉山役を松本潤、泉役を有村架純、泉の大学生の恋人・小野役を坂口健太郎が演じ、監督を行定勲が務める。

作品情報

『ナラタージュ』

2017年10月7日(土)から全国公開
監督:行定勲 脚本:堀泉杏 原作:島本理生『ナラタージュ』(角川文庫) 音楽:めいなCo. 出演: 松本潤 有村架純 坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地 市川実日子 瀬戸康史 配給:東宝=アスミック・エース
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 坂口健太郎が京都弁で有村架純に「食べる?」 映画『ナラタージュ』新映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて