ニュース

『美術手帖』で「GENDER IS OVER!?」特集 アートを通して「性」を再考

特集記事「GENDER IS OVER!?」が、10月17日刊行の『美術手帖11月号』に掲載されている。

アートにおけるジェンダーやセクシュアリティを取り上げる同特集。「アーティストの表現と実践に迫る」と題するパートでは、「ジェンダーを揺さぶるアートの最前線」としてアート作品を紹介するほか、アニカ・イ、サイモン・フジワラ、ミヤギフトシ、サエボーグ、森栄喜、カシャ・フダコウスキへのインタビューや、美術家の会田誠、柴田英里と法学者の白田秀彰が「アートとポルノ」をテーマに語り合う鼎談を掲載する。

またイギリス・ロンドンのテート・ブリテンで今年に開催された『クィア・ブリティッシュ・アート 1861-1967』、台湾・台北当代芸術館で開催中の『光・合作用──アジアのLGBTQと現代美術』といった展覧会のレポートなども収録。「歴史と理論をより深く知る」と題されたパートには、フェミニズム、クィア理論とアートの関係の歴史を探る記事や、コラム、論考などが並ぶ。

さらに『美術手帖11月号』では第2特集として奈良美智を取材。9月に北海道・白老で開催された『飛生芸術祭』での個展や滞在制作などについて語るロングインタビューや展示風景などが掲載される。

『美術手帖11月号』表紙
『美術手帖11月号』表紙
『美術手帖11月号』より
『美術手帖11月号』より
『美術手帖11月号』より
『美術手帖11月号』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 1

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  2. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 2

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  3. 森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役 3

    森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役

  4. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 4

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  5. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 5

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  6. 峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報 6

    峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報

  7. 香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表 7

    香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表

  8. 1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播 8

    1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

  9. ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る 9

    ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

  10. のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も 10

    のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も