星野源の出演映画をオールナイト上映 『スクリーンで愛でる 俳優・星野源』

オールナイトの上映企画『スクリーンで愛でる 俳優・星野源』が、11月4日に東京・池袋の新文芸坐で開催される。

同イベントでは、俳優として星野源が出演した映画を特集。上映作品は坂井真紀主演、熊切和嘉監督による2008年の作品『ノン子36歳(家事手伝い)』、星野源が主題歌も担当した園子温監督作『地獄でなぜ悪い』、星野の初主演映画で夏帆と共演した『箱入り息子の恋』の3作品となる。チケットは現在販売中だ。

なお星野源は『地獄でなぜ悪い』『箱入り息子の恋』での演技が認められ、2014年に『第37回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞している。

作品情報

『スクリーンで愛でる 俳優・星野源』

2017年11月4日(土) 会場:東京都 池袋 新文芸坐
上映作品: 『ノン子36歳(家事手伝い)』(監督:熊切和嘉) 『地獄でなぜ悪い』(監督:園子温) 『箱入り息子の恋』(監督:市井昌秀) 料金:一般2,300円 前売・友の会2,100円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 星野源の出演映画をオールナイト上映 『スクリーンで愛でる 俳優・星野源』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて