志村貴子の全体像に迫る『ユリイカ』増刊、多彩作家陣もイラストを提供

志村貴子を特集する『ユリイカ2017年11月臨時増刊号 総特集=志村貴子』が、本日10月28日に刊行された。

アニメ化もされた漫画『放浪息子』『青い花』などで知られる志村貴子。今年でデビュー20周年を迎えた。「『敷居の住人』『放浪息子』『青い花』から『淡島百景』、そして『こいいじ』へ」と副題がつけられた同特集では、初連載作品『敷居の住人』から代表作まで、志村による創作の全体像に迫る。

収録記事は、志村貴子へのロングインタビューをはじめ、アニメ『青い花』の主題歌を担当した空気公団の山崎ゆかりへのインタビュー、映画監督・高橋栄樹へのインタビュー、さらに青木俊直、イシデ電、岩岡ヒサエ、志村貴子、谷川史子による「腹ペコ戦隊はしレンジャー」の座談会など。

また口絵には『志村貴子原画展』からカラーイラストを掲載。多彩な作家陣によるイラストも多数収録する。参加作家は青木俊直、青木光恵、五十嵐大介、いけだたかし、イシデ電、磯谷友紀、入江喜和、岩岡ヒサエ、絵津鼓、オカヤイヅミ、雁須磨子、河内遙、KUJIRA、雲田はるこ、斉木久美子、咲坂伊緒、中村明日美子、ふみふみこ、松田奈緒子、米代恭、松苗あけみ、ゆうきまさみ、吉富昭仁ら。

寄稿者には綾奈ゆにこ、佐藤俊樹、藤野千夜、可児洋介、岩下朋世、吉村麗、内山美代子、溝口彰子、嵯峨景子、日高利泰、岩川ありさらが名を連ねている。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 志村貴子の全体像に迫る『ユリイカ』増刊、多彩作家陣もイラストを提供

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて