ニュース

モノクロ姫・綾瀬はるか×坂口健太郎の恋 『今夜、ロマンス劇場で』予告編

映画『今夜、ロマンス劇場で』の予告編とポスタービジュアル、主題歌が公開された。

2018年2月10日から公開される同作は、映画監督を夢見る青年・健司と、モノクロ映画の中から飛び出たお姫様・美雪が惹かれ合う様を描くラブストーリー。人の温もりに触れると消えてしまうという秘密を抱える美雪役を綾瀬はるか、スクリーンの美雪に恋をしていた健司役を坂口健太郎、健司に密かに思いを寄せる社長令嬢・成瀬塔子役を本田翼が演じる。

予告編ではモノクロ姿でスクリーンから飛び出した美雪が「今日からお前は私のしもべだ」と健司に告げるシーンや、健司の勧めたメイクやファッションを身に着けて色のある世界を楽しむ様子、美雪が健司に秘密を打ち明ける場面、健司に告白する塔子の姿、涙を浮かべた美雪が「最後に一度だけ抱きしめて」と健司に話す様子などが確認できる。

あわせて発表された主題歌はシェネルの新曲“奇跡”。映画のために書き下ろされた同曲について、主演の綾瀬はるかは「物語と美雪や健司の思いをより感じて頂ける素敵な楽曲で感謝しています。映像にのせて聴くのがとても楽しみです」、坂口健太郎は「この曲を聴くとすぐにこの映画を想像できる。そんな音楽だと思います」と語っている。

綾瀬はるかのコメント

物語と美雪や健司の思いをより感じて頂ける素敵な楽曲で感謝しています。映像にのせて聴くのがとても楽しみです。
シェネルさんの美しい歌声と共に「今夜、ロマンス劇場で」を是非お楽しみ下さい。

坂口健太郎のコメント

ゆったりと優しい。そして力強い歌声で、台本を読んだ瞬間の感動と撮影をしていた時の健司の気持ちを思い出しました。この曲を聴くとすぐにこの映画を想像できる。そんな音楽だと思います。シェネルさんありがとうございました。

シェネルのコメント

『今夜、ロマンス劇場で』の主題歌を担当することができて、とってもワクワクしています。相手のことを一番に思いやる献身的な愛が一つのテーマでもあり、皆がインスパイアされる映画だと思います。可愛すぎるラブストーリーで、みんな大好きなおとぎ話!人の出逢いは奇跡であり、それは運命でもある、そんな普遍的なテーマを歌った主題歌「奇跡」を映画と共に楽しんでいただけますと嬉しいです。この素晴らしい映画に関われたことを感謝しています!

『今夜、ロマンス劇場で』ポスタービジュアル ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
『今夜、ロマンス劇場で』ポスタービジュアル ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
『今夜、ロマンス劇場で』 ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
『今夜、ロマンス劇場で』 ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開