ニュース

長島有里枝&ミヨ・スティーブンス-ガンダーラ、20年交流の日米作家が2人展

ミヨ・スティーブンス-ガンダーラ『Nightwalking』Indiana、C-print
ミヨ・スティーブンス-ガンダーラ『Nightwalking』Indiana、C-print

長島有里枝とミヨ・スティーブンス-ガンダーラの展覧会『Forever is Composed of Nows』が、11月21日から東京・外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYで開催される。

アイデンティティーや家族など他者との関係性をテーマにした写真や、女性のライフコースに焦点をあてたインスタレーションを発表している長島有里枝と、アメリカ・ロサンゼルスを拠点に写真やドローイング、刺繍、版画など多彩な作品を制作しているミヨ・スティーブンス-ガンダーラ。2人の交流は、1998年にカルフォルニア芸術大学で出会って以来約20年にわたり、共にライオットガールムーブメントに影響を受けて表現を続けてきた。

長島有里枝とミヨ・スティーブンス-ガンダーラの2人展となる同展。長島は、渡米中の1997年に制作した、スケートボードに乳剤を塗布して直接写真を焼き付けたミクストメディアの作品5点に加えて、アメリカ各地で植物を撮影した新作を発表する。

ミヨ・スティーブンス-ガンダーラは2016年から取り組んでいる写真シリーズ『Wunderkammer』を日本初公開するほか、自身の幼年期と密接に結びつくインディアナ州やケンタッキー州の風景を収めたシリーズ『The Wilderness of Childhood』から写真1点、刺繍によるドローイング作品『In Mourning』などを展示。

なお同展のタイトルは、19世紀のアメリカの詩人エミリー・ディキンソンの作品から採られている。

長島有里枝『Backstreet Billiards』1997 写真乳剤、スケートボード
長島有里枝『Backstreet Billiards』1997 写真乳剤、スケートボード
ミヨ・スティーブンス-ガンダーラ『Wunderkammer Series-Pomegranate』C-print
ミヨ・スティーブンス-ガンダーラ『Wunderkammer Series-Pomegranate』C-print
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年