新興宗教団体で育った2人の男と1人の女 宗教・原発・家族を描く『息衝く』

映画『息衝く』が2018年2月下旬から東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開される。

同作は、原発の再稼働に目を瞑る政権与党の政治団体であり、新興宗教団体の「種子の会」で育った2人の男と1人の女を巡る、3.11以後の日本を描く物語。自らの信念を問いながらも団体の中で生きる則夫と大和、団体を離れ1人で子供を育てる慈が、彼らの幼少期からの師で精神的支柱でもある森山周に再び会いにいくことで、自身が背けていた何かを取り戻そうとする、というあらすじだ。

メガホンを取ったのは『へばの』『愛のゆくえ(仮)』などの木村文洋。音楽は北村早樹子が手掛け、坂本弘道、岡田拓郎(ex.森は生きている)が演奏に参加した。出演者は、柳沢茂樹、長尾奈奈、古屋隆太(青年団、サンプル)、坂本容志枝(ZORA)、川瀬陽太、小宮孝泰、寺十吾(tsumazuki no ishi)ら。

作品情報

『息衝く』

2018年2月下旬からポレポレ東中野はか全国で順次で公開
監督:木村文洋 脚本:桑原広考、中植きさら、木村文洋、杉田俊介、兼沢晋 音楽:北村早樹子 出演: 柳沢茂樹 長尾奈奈 古屋隆太 坂本容志枝 小山雄貴 木村知貴 片方一予 川瀬陽太 中村卓也 岡村まきすけ 遠藤隼斗 野口雄介 齋藤徳一 申瑞季 西山真来 首くくり栲象 小宮孝泰 寺十吾 ほか 上映時間:130分 配給:team JUDAS 2017
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 新興宗教団体で育った2人の男と1人の女 宗教・原発・家族を描く『息衝く』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて