ニュース

天海祐希×古田新太の愛憎劇 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人』

『ONWARD presents 劇団☆新感線「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」Produced by TBS』ビジュアル
『ONWARD presents 劇団☆新感線「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」Produced by TBS』ビジュアル

劇団☆新感線の舞台『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』が、2018年3月17日から東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で上演される。

IHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演として代表作『髑髏城の七人』を、異なるキャストによって「花鳥風月」の4シーズンに分けて連続上演している劇団☆新感線。シリーズ最後の作品となる『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』では物語を一新し、織田信長に愛された雑賀衆の狙撃手で、現在は遊女の極楽太夫と、天魔王の愛憎劇を描く。これまでの主人公・捨之介や蘭兵衛が登場しない、「もう1つの『髑髏城の七人』」になるという。

天魔王の暗殺を依頼される主人公・極楽太夫役を演じるのは天海祐希。信長と瓜二つの顔した天魔王役を古田新太が演じる。共演者には劇団☆新感線初参加となる福士誠治、竜星涼をはじめ、清水くるみ、三宅弘城、山本亨、梶原善が名を連ねる。チケットは1月21日10:00から販売開始。

主演を務める天海祐希は、「『生誕半世紀公演(50周年記念祭)』をやらなきゃいけないねと何年か前に言われて『やったー!』と無邪気に喜んでいたら、こんな大変なことになりました(笑)。でも、この360°客席が回転する劇場で同じ作品を5パターン、6チームで上演するという大規模な企画に参加させていただけるのは、大変ありがたいことです。その同じ舞台に古田新太さんがいてくださるのはものすごく安心感があります」とコメント。

共演の古田新太は「正直なところ、<天魔王>も『髑髏城の七人』ももういいよ、と思ってたんですが(笑)、天海さんが『古田センパイが出ていないとヤダ』と言うので 出ることにしました(笑)。歴代の天魔王の中では一番年寄りになりますが、これまでとは違うお話なので全くの別物として考えています」と明かしている。

また演出のいのうえひでのりは同公演について「『髑髏城』の世界観の中で、それなりの年齢を感じさせる大人の男女の話にするつもりなので、まさに今の劇団☆新感線が作る、今の『髑髏城の七人』になるんじゃないかと思います」とコメントしている。

天海祐希のコメント

「生誕半世紀公演(50周年記念祭)」をやらなきゃいけないねと何年か前に言われて「やったー!」と無邪気に喜んでいたら、こんな大変なことになりました(笑)。でも、この360°客席が回転する劇場で同じ作品を5パターン、6チームで上演するという大規模な企画に参加させていただけるのは、大変ありがたいことです。その同じ舞台に古田新太さんがいてくださるのはものすごく安心感があります。“Season花”から始まった企画の最後が、この“Season極”。いいシメ方ができるようにがんばりたいです。

古田新太のコメント

正直なところ、<天魔王>も『髑髏城の七人』ももういいよ、と思ってたんですが(笑)、天海さんが「古田センパイが出ていないとヤダ」と言うので 出ることにしました(笑)。歴代の天魔王の中では一番年寄りになりますが、これまでとは違うお話なので全くの別物として考えています。『髑髏城の七人』もこれでついに最終回です。ちょっとだけ 変えたマイナーチェンジではなく、あの世界観の中のもうひとつの物語になるはず。乞うご期待!

中島かずきのコメント

今回のメインタイトルは『修羅天魔』。修羅の道を行く<極楽太夫>と<天魔王>との愛憎劇となります。これはあくまでもスピンオフでもアレンジでもなく、“完全新作”の、もうひとつの『髑髏城の七人』の物語です。“織田信長に愛されたスナイパー”で今は渡り遊女として知られる極楽太夫を演じる天海祐希さんと、天魔王を演じる古田新太とががっつり芝居できるシチュエーションを考えました。まったく新しい『髑髏城』を、最後にお楽しみください。

いのうえひでのりのコメント

織田信長にまつわる奇(くす)しき縁(えにし)に 結ばれた男と女の運命の話で、これまで以上に信長がキーワードになることは間違いありません。『髑髏城の七人』をご存知の方には、<捨之介>も<蘭兵衛>も今回は出ないということで、まったく違う物語になるということが伝わるかと思います。『髑髏城』の世界観の中で、それなりの年齢を感じさせる大人の男女の話にするつもりなので、まさに今の劇団☆新感線が作る、今の『髑髏城の七人』になるんじゃないかと思います。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く