養老公園でアートピクニック 赤松正行、日比野克彦ら参加、IAMASと連携

『養老アート・ピクニック』が11月18日、19日に岐阜・養老公園で開催される。

荒川修作とマドリン・ギンズの構想を実現した「養老天命反転地」や、「養老の滝」「岐阜県こどもの国」などが点在する養老公園。同イベントは「アート×ウェルネス」をテーマに据え、IAMASこと情報科学芸術大学院大学との連携のもとで行なわれる。メディアアート、身体表現、絵本など多様なジャンルのアーティストが体験型のアートプロジェクトを展開する。

参加アーティストは、赤松正行、日比野克彦、大石暁規、Bakim、クワクボリョウタ、加藤拓三、木室陽一ら。総合ディレクターは、メディア作家でありIAMAS教授の赤松が務める。詳細はイベントのオフィシャルサイトをチェックしよう。

赤松正行のコメント

1300年もの歴史を誇る名瀑、養老の滝と、現代アートの聖地とも言える養老天命反転地。この2つの景勝を有する養老公園に、新しいイベントが誕生します。
舞台はなだらかな芝生の広場。いくつものテントが並び、賑やかな催しが繰り広げられます。無心に体を動かして汗を流すこともあれば、楽しい驚きに目を見張ることもあるでしょう。
時には誰かに思いを馳せたり、新しい発見に心躍らせるかもしれません。色鮮やかな紅葉を渡る秋風に吹かれながら、過去と現在を繋ぎ、生命と健康を繋いで未来を垣間見ます。たった2日間だけの、だけどどこにもない養老アート・ピクニックに、ぜひお越しください。

作品情報

『養老アート・ピクニック』

2017年11月18日(土)、11月19日(日) 会場:岐阜県 養老公園一帯(芝生広場、養老天命反転地) 時間:11月18日10:00~21:00、11月19日10:00~16:30 料金:無料(養老天命反転地への入場は有料)
  • HOME
  • Art,Design
  • 養老公園でアートピクニック 赤松正行、日比野克彦ら参加、IAMASと連携

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて