ニュース

又吉直樹の脚本で明石家さんまの青春時代をドラマ化 さんま役は北村匠海

『ずっと笑ってた』に出演する北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ
『ずっと笑ってた』に出演する北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ

特別番組『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』内で又吉直樹が脚本を手掛けるドラマ『ずっと笑ってた』が放送されることがわかった。

11月26日に日本テレビ系で放送される『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』。『ずっと笑ってた』では、さんまの高校時代を映像化する。17歳のさんまこと杉本高文役を北村匠海(DISH//)、さんまの片想いの相手を飯豊まりえが演じるほか、神保悟志らが出演する。

さんまは同作のモチーフとなった高校時代について「高校の時、俺が今まで経験したことのない大爆笑の連発。あの“笑い”を忘れられない。高校時代の俺が、未だに最高で、男としての頂点」とコメント。

またヒロインの飯豊まりえは「さんまさんが高校時代に想いを抱いていた女子高生役を演じてみて、『さんまさんって、やっぱりモテるんだな』と、思いました。自分のことは置いておいて、『人が笑ってくれたら、一番いい、それが幸せ』って思っているさんまさんは、本当に素敵だなと。私が同級生だったら、さんまさんのことを絶対に好きになっていると思います」と語っている。

『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』は、さんまがMCを務める特番の第3弾。さんまへのロングインタビューや、様々な芸能人が明かす秘話、さんまの「神対応」を紹介するコーナーなどが放送される。出演者には生田絵梨花(乃木坂46)、木田優夫、木村多江、佐藤二朗、菅田将暉、ブルゾンちえみ with B、後藤輝基(フットボールアワー)、東野幸治、渡部建(アンジャッシュ)らが名を連ねる。

※記事掲載後、一部内容を追記しました。

『ずっと笑ってた』に出演する北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ
『ずっと笑ってた』に出演する北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ
又吉直樹
又吉直樹
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年