ニュース

又吉直樹の脚本で明石家さんまの青春時代をドラマ化 さんま役は北村匠海

『ずっと笑ってた』に出演する北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ
『ずっと笑ってた』に出演する北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ

特別番組『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』内で又吉直樹が脚本を手掛けるドラマ『ずっと笑ってた』が放送されることがわかった。

11月26日に日本テレビ系で放送される『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』。『ずっと笑ってた』では、さんまの高校時代を映像化する。17歳のさんまこと杉本高文役を北村匠海(DISH//)、さんまの片想いの相手を飯豊まりえが演じるほか、神保悟志らが出演する。

さんまは同作のモチーフとなった高校時代について「高校の時、俺が今まで経験したことのない大爆笑の連発。あの“笑い”を忘れられない。高校時代の俺が、未だに最高で、男としての頂点」とコメント。

またヒロインの飯豊まりえは「さんまさんが高校時代に想いを抱いていた女子高生役を演じてみて、『さんまさんって、やっぱりモテるんだな』と、思いました。自分のことは置いておいて、『人が笑ってくれたら、一番いい、それが幸せ』って思っているさんまさんは、本当に素敵だなと。私が同級生だったら、さんまさんのことを絶対に好きになっていると思います」と語っている。

『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』は、さんまがMCを務める特番の第3弾。さんまへのロングインタビューや、様々な芸能人が明かす秘話、さんまの「神対応」を紹介するコーナーなどが放送される。出演者には生田絵梨花(乃木坂46)、木田優夫、木村多江、佐藤二朗、菅田将暉、ブルゾンちえみ with B、後藤輝基(フットボールアワー)、東野幸治、渡部建(アンジャッシュ)らが名を連ねる。

※記事掲載後、一部内容を追記しました。

『ずっと笑ってた』に出演する北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ
『ずっと笑ってた』に出演する北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ
又吉直樹
又吉直樹
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像