ニュース

Suchmos、ペトロールズ、SOILら出演 クリス・ペプラーが贈る『JAM-O-RAMA』

Suchmos
Suchmos

音楽イベント『SAISON CARD presents J-WAVE the Chris Peppler Show“JAM-O-RAMA”vol.2』が、2018年1月26日に東京・お台場のZepp Tokyoで開催される。

J-WAVEの開局以来続く番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』のナビゲーターを務めるクリス・ペプラーと、Zeppライブがプロデュースする『SAISON CARD presents J-WAVE the Chris Peppler Show』。第2弾となる今回は「街夜」をテーマに据えて、Suchmos、ペトロールズ、SOIL&"PIMP" SESSIONS、オープニングアクトのNao Kawamuraがパフォーマンスを披露する。MCはペプラーが担当。

セゾンカードおよびUCカードの所持者が対象のチケットの最速特別先行予約が11月27日18:00まで受付中。詳細はセゾンカードのオフィシャルサイトで確認しよう。一般販売は12月16日10:00からスタート。

クリス・ペプラーのコメント

今回のテーマは街夜。
夜の都会で聞きたいバンドに絞りました。
車のヘッドライト、ネオン、街灯、月光に踊る音楽を奏でる連中です。
また、都会的なソフィスティケイトされたサウンドには、裏打ちされた
プレイヤーとしての技、そして、センスが必須です。
そんな意味でも技巧派ミュージシャンを揃えてみたいと思いました。

今回の面子は、全員がミュージシャンズ・ミュージシャンです。
同胞、同じ音楽家が認める、一緒にやりたい、そんなミュージシャン仲間が一目置く
存在達。
現に、他のアーティストやプロジェクトに参加し、多くと交わる事で常に音楽性を広げている
皆さんです。

ペトロールズ
ペトロールズ
SOIL&
SOIL&"PIMP" SESSIONS
Nao Kawamura
Nao Kawamura
クリス・ペプラー
クリス・ペプラー
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」