ニュース

広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』

2019年前期のNHK朝の連続テレビ小説『夏空 ―なつぞら―』の制作が発表。あわせてヒロインを広瀬すずが務めることが明らかになった。

2019年4月から9月まで放送される予定の『夏空 ―なつぞら―』。脚本はNHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』、NHK大河ドラマ『風林火山』、ドラマ『精霊の守り人』などを手掛けた大森寿美男が担当する。演出は木村隆文、田中正が務める。

広瀬すずが演じるのは、戦争で両親を亡くし、北海道に移り住んだ東京出身のヒロイン・奥原なつ。北海道で開拓精神、自然の中で培われたデッサンの腕前と感性で、高校卒業後に草創期を迎えていた日本のアニメーション業界に飛び込んでいくというキャラクターだ。

NHKのオフィシャルサイトには、大森寿美男によるコメントが掲載。主演の広瀬すずを「稀代のヒロイン」と表現しつつ、「この作品のテーマは、ズバリ『開拓』と『未来へのつながり』です。朝ドラの長い歴史にも思いを馳せつつ、想像もつかない未来に向かって、広瀬すずさんの背中をググッと押し出せるような物語を大切に育んでゆきます」と抱負を語っている。

なお『夏空 ―なつぞら―』は通算100作目の「朝の連続テレビ小説」となる。現在放送されている『わろてんか』は97作目、2018年4月から放送される北川悦吏子脚本の『半分、青い。』は98作目、2018年10月から放送される福田靖脚本の『まんぷく』は99作目。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像