ジェシカ・チャステインが違法ポーカーの大物役 実話映画『MOLLY'S GAME』

映画『MOLLY'S GAME(原題)』が2018年5月から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される。

同作は、怪我を負ってアスリートの道を諦めたモーグルの元オリンピック候補選手モリー・ブルームの実話をもとにした作品。大学進学までの1年を気ままに過ごすことにしたブルームは、勤めていた会社の上司からハリウッドスターや大物プロデューサーが集う高額ポーカーゲームのアシスタントを頼まれたことをきっかけに、その才覚で26歳にして自身のゲームルームを開設するが、10年後に違法ポーカーでFBIに逮捕されるというあらすじだ。

トップアスリートからポーカーゲームの経営者となり、ハリウッドでスキャンダルを巻き起こしたモリー・ブルーム役にジェシカ・チャステイン。共演者にはイドリス・エルバ、ケビン・コスナー、マイケル・セラらが名を連ねる。メガホンを取ったのは『ソーシャル・ネットワーク』で『アカデミー賞』脚色賞を受賞した脚本家アーロン・ソーキン。同作が監督デビュー作となる。

作品情報

『MOLLY'S GAME(原題)』

2018年5月からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開
監督・脚本:アーロン・ソーキン 出演: ジェシカ・チャステイン イドリス・エルバ ケビン・コスナー マイケル・セラ 配給:キノフィルムズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジェシカ・チャステインが違法ポーカーの大物役 実話映画『MOLLY'S GAME』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて