ニュース

松本俊夫の追悼上映『ロゴスとカオスのはざまで』 約700分の記録映画も

特集上映『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』が、12月9日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

4月に85歳で逝去した映像作家の松本俊夫。記録映画、実験映画、劇映画、ビデオアートなど幅広い分野で作品を発表したほか、映画理論家として「松竹ヌーヴェルヴァーグ」をはじめ、当時の映画表現に影響を与えた。

松本を追悼する同イベントでは、長短編あわせて計27本の松本作品を上映。長編作品には、1969年当時の風俗をドキュメンタリー的手法で作品に取り込んだ長編デビュー作『薔薇の葬列』、鶴屋南北の歌舞伎狂言『盟三五大切』をもとに松本が脚本を手掛けた時代劇『修羅』、豊川空襲の慰霊祭を背景に若い男女の出会いを描いた『十六歳の戦争』の3作がラインナップしている。短編作品は、『松本俊夫実験映画特集』として「詩としての映像」「視想の錬金術」「反復と変容」「最初期の記録映画たち」の4つのトピックにわけて24本を上映。

さらに筒井武文監督によるドキュメンタリー映画『映像の発見=松本俊夫の時代』を劇場初公開。全5部で構成され、上映時間は約700分となる同作では、松本の映像作品の引用や、作品の関係者、批評家へのインタビューなどから松本に迫る。

また12月9日には西嶋憲生、12月18日にはヴィヴィアン佐藤、12月21日には生西康典がそれぞれ登壇するトークイベントを実施。詳細はシアター・イメージフォーラムのオフィシャルサイトで確認しよう。

『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』ビジュアル ©1969 Matsumoto Production
『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』ビジュアル ©1969 Matsumoto Production
『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production
『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production
『修羅』©1969 Matsumoto Production
『修羅』©1969 Matsumoto Production
『アートマン』 ©1969 Matsumoto Production
『アートマン』 ©1969 Matsumoto Production
『映像の発見=松本俊夫の時代』 ©2015筒井武文
『映像の発見=松本俊夫の時代』 ©2015筒井武文
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年