ニュース

松本俊夫の追悼上映『ロゴスとカオスのはざまで』 約700分の記録映画も

特集上映『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』が、12月9日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

4月に85歳で逝去した映像作家の松本俊夫。記録映画、実験映画、劇映画、ビデオアートなど幅広い分野で作品を発表したほか、映画理論家として「松竹ヌーヴェルヴァーグ」をはじめ、当時の映画表現に影響を与えた。

松本を追悼する同イベントでは、長短編あわせて計27本の松本作品を上映。長編作品には、1969年当時の風俗をドキュメンタリー的手法で作品に取り込んだ長編デビュー作『薔薇の葬列』、鶴屋南北の歌舞伎狂言『盟三五大切』をもとに松本が脚本を手掛けた時代劇『修羅』、豊川空襲の慰霊祭を背景に若い男女の出会いを描いた『十六歳の戦争』の3作がラインナップしている。短編作品は、『松本俊夫実験映画特集』として「詩としての映像」「視想の錬金術」「反復と変容」「最初期の記録映画たち」の4つのトピックにわけて24本を上映。

さらに筒井武文監督によるドキュメンタリー映画『映像の発見=松本俊夫の時代』を劇場初公開。全5部で構成され、上映時間は約700分となる同作では、松本の映像作品の引用や、作品の関係者、批評家へのインタビューなどから松本に迫る。

また12月9日には西嶋憲生、12月18日にはヴィヴィアン佐藤、12月21日には生西康典がそれぞれ登壇するトークイベントを実施。詳細はシアター・イメージフォーラムのオフィシャルサイトで確認しよう。

『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』ビジュアル ©1969 Matsumoto Production
『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』ビジュアル ©1969 Matsumoto Production
『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production
『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production
『修羅』©1969 Matsumoto Production
『修羅』©1969 Matsumoto Production
『アートマン』 ©1969 Matsumoto Production
『アートマン』 ©1969 Matsumoto Production
『映像の発見=松本俊夫の時代』 ©2015筒井武文
『映像の発見=松本俊夫の時代』 ©2015筒井武文
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像