小杉武久の全貌に迫る『小杉武久 音楽のピクニック』展 高橋悠治も登壇

展覧会『小杉武久 音楽のピクニック』が、本日12月9日から兵庫・芦屋市立美術博物館で開催されている。

1938年に生まれた音楽家の小杉武久。大学在学中に即興音楽グループ「グループ・音楽」を結成したのち、アメリカ・ニューヨークを拠点とした芸術家集団のフルクサス、音楽のジャンルを超えた日本の音楽集団であるタージ・マハル旅行団のメンバー、ジョン・ケージが音楽監督を務めたマース・カニングハム舞踊団の専属音楽家として1960年代から国内外の様々な場所で演奏活動を行なってきた。1970年代末からは音を基点としたオブジェやインスタレーションなども発表している。

小杉の活動を俯瞰的に捉えることを目的とした同展。記録写真やチラシ、ポスター、プログラムなど1950年代から現在までの300点を超えるアーカイブ資料と、これまでに発表されてきたオーディオビジュアル作品を紹介している。

12月23日には高橋悠治と川崎弘二によるトークイベント、1月13日には小杉武久と藤本由紀夫の対談を実施するほか、会期中には小杉作品の無料上映会も4回行なわれる。詳細は芦屋市立美術博物館のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『小杉武久 音楽のピクニック』

2017年12月9日(土)~2018年2月12日(月・祝) 会場:兵庫県 芦屋市立美術博物館 第1展示室、第2展示室、ホール
時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌日休館、12月28日~1月4日) 料金:一般800円 大高生500円 ※中学生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 小杉武久の全貌に迫る『小杉武久 音楽のピクニック』展 高橋悠治も登壇

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて