ニュース

絢香&三浦大知がコラボ 小林武史プロデュースの『ハートアップ』2月発売

絢香&三浦大知
絢香&三浦大知

絢香と三浦大知のコラボシングル『ハートアップ』が2月14日にリリースされる。

タイトル曲は、小林武史がプロデュースとアレンジを担当。絢香のみ、三浦大知のみのボーカル入りバージョンも収めれられる。「CD+DVD盤」には“ハートアップ”のPVが収録さる。

絢香と三浦大知のコラボレーションは、4月にCMタイアップ曲として企画が持ち上がり、同い年で互いの音楽性をリスペクトしていたこともあって両者が快諾したという。2人は9月に『908 FESTIVAL 2017』でKREVAを含む3人でセッションを披露し、初めて共演。その後、小林武史と共にプリプロを行なってデモを制作し、小林のアレンジを経て楽曲が完成した。

絢香は楽曲について「曲名『ハートアップ』に込められた想いとして、恋の甘酸っぱさやホロ苦さを経験していく心を『ハート』に、それを経て成長する新しい自分を1UPした状態と例えて『アップ』に、その2つを合わせて『ハートアップ』と命名しました」とコメント。

三浦大知は聞きどころについて「絢香ちゃんの声とボクの声が交差していく感じがいちばん出ているのがサビで、絢香ちゃんとボクが歌っているラインがちょっと違っていて、歌声がクロスしていくとともに、色々な想いも交差していくところにコーラスワークだったり曲の構成がリンクしています」とコメントを寄せている。

また小林武史は「今回デモも本番も二人並んで同時に歌録りを行っていったのですが、実際二人の歌う力のレベルがものすごく高いので、僕的には一筆書きで描いていくようなアレンジがいいと思い、シンプルだけれど力強い楽曲が出来上がったと思います」と語っている。

絢香のコメント

楽曲や聴きどころについて
曲名「ハートアップ」に込められた想いとして、恋の甘酸っぱさやホロ苦さを経験していく心を「ハート」に、それを経て成長する新しい自分を1UPした状態と例えて「アップ」に、その2つを合わせて「ハートアップ」と命名しました。
男女の別れから交錯する切ない想いが幾重にも交差し、お互いの未来にまた交わる道があるのか?それとも道は離れて2度と重なり合う事のない未来を描くのか?そんな感情を胸に抱えながら、運命の指す方へ前を向いて力強く歩んで行く男女の物語です。
失恋をバネに、さらに強く、さらに高く飛べるような前向きな気持ちが、2人の運命をより良い形で結ぶことを願うような気持ちで書きました。
恋する気持ちは痛かったり、悩ましかったり、悲しかったり、すれ違いの歯がゆさだったり…いろいろな事がある度に揺さぶられる感情を経験することで、心が強く逞しく成長していく。大知さんとのデュエットや、小林武史さんの前向きななかに潜む切なさも感じられる素晴らしいアレンジにより、その世界観をより豊かに表現することができました。
2人の声が重なり、まるで感情が交差していくようなヴォーカルワークも聴きどころです!

三浦大知のコメント

楽曲や聴きどころについて
「ハートアップ」というタイトルのとおり、切ないことだったり人との出逢いだったり色々なことを乗り越えて人の心が強くなっていくなかで、切なさや強さや温かさといったものが複雑に、でも綺麗に描かれている楽曲だと思います。
最初にデモを聴いたときに流石だなと感動しました。単純にすごく好きな曲です。
楽曲全体を通して、1番が男性で2番が女性といったいわゆるデュエット曲ではなく、1番でも2番でも、二人の声が交差していくといった楽曲になっています。絢香ちゃんの声とボクの声が交差していく感じがいちばん出ているのがサビで、絢香ちゃんとボクが歌っているラインがちょっと違っていて、歌声がクロスしていくとともに、色々な想いも交差していくところにコーラスワークだったり曲の構成がリンクしています。
そういうところが聴きどころなのではないかなと思います。

小林武史のコメント

今回デモも本番も二人並んで同時に歌録りを行っていったのですが、実際二人の歌う力のレベルがものすごく高いので、僕的には一筆書きで描いていくようなアレンジがいいと思い、シンプルだけれど力強い楽曲が出来上がったと思います。
絢香の作った楽曲の「街に潜む想い」にもライブ感が出せたと思います。
とにかく二人の「歌い手として生きている感」が、すごい。

絢香&三浦大知『ハートアップ』収録内容

[CD]
1. ハートアップ
2. ハートアップ(カラオケバージョン with 絢香 Vocal)
3. ハートアップ(カラオケバージョン with 三浦大知 Vocal)
4. ハートアップ(Instrumental)
[DVD]
1. ハートアップ
※DVDはCD+DVD盤に付属

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に