荒木経惟『私、写真。』展 友人遺品のカメラ用いた新作も

展覧会『荒木経惟 私、写真。』が、12月17日から香川・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催される。

今年に77歳を迎えた写真家の荒木経惟。同展では、これまでに撮影された膨大な写真から、腐食したフィルムのプリントや、絵具を塗った写真、割れたレンズで撮影された写真といった何らかの手が加わった作品を中心に展示する。父と母の死を捉えた『父の死』『母の死』をはじめとする「生と死」を写してきた荒木のこれまでの作品群に加え、丸亀出身の花人・中川幸夫へのオマージュとして同展のために制作された『花霊園』や、友人の遺品であるカメラで撮影した『北乃空』といった新作4シリーズと、日本初展示となる『青ノ時代』『去年ノ夏』『死空』なども紹介される。

会期中にはキュレーターによるトークや関連イベントを実施予定。詳細は丸亀市猪熊弦一郎現代美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『荒木経惟 私、写真。』

2017年12月17日(日)~2018年3月25日(日) 会場:香川県 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで) 休館日:12月25日~12月31日 料金:一般950円 大学生650円 ※高校生以下または18歳未満、丸亀市在住の65歳以上、各種障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 荒木経惟『私、写真。』展 友人遺品のカメラ用いた新作も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて