ニュース

松下奈緒&古田新太が再タッグ、長崎尚志原作ドラマ『闇の伴走者』続編

左から松下奈緒、古田新太
左から松下奈緒、古田新太

ドラマ『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』が、3月31日からWOWOWで放送される。

同作は2015年に放送された『連続ドラマW 闇の伴走者』の続編。浦沢直樹の漫画『MASTERキートン』の原作や『PLUTO』のプロデュースなどで知られる長崎尚志によるミステリー小説『編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―』をもとにした作品で、出版関係専門の調査会社の調査員・水野優希と、フリーランスの漫画編集者・醍醐真司がタッグを組み、伝説の漫画編集者の怪死事件の解明に挑むというあらすじだ。

前作に引き続いて水野役を松下奈緒、醍醐役を古田新太が演じる。監督は『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『アオハライド』の三木孝浩が続投。

劇中に登場する漫画雑誌の連載作品や原稿は、『腕~駿河城御前試合~』『墨攻』の森秀樹、『うつヌケ』の田中圭一、『食キング』『喰いしん坊!』の土山しげる、『ドーベルマン刑事』の平松伸二らが手掛ける。

松下奈緒は古田新太との共演について、「噛み合ってるのか噛み合っていないのかわからないそんな2人がくり広げる事件解決への道のりを古田さんと一緒に頑張っていきたいと思います。再結成できて本当に嬉しいです」とコメント。

一方の古田新太は、再び醍醐真司役を演じることについて「あぁ、またあの長いウンチクを述べなきゃいけないのか...」とコメント。松下奈緒との共演については「そりゃ楽しいに決まってますよ。長い説明さえなければ」と語っている。

なお原作となる長崎尚志の『編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―』は新潮社から後日発行される予定。

松下奈緒のコメント

再び水野優希を演じることが決定した際の心境
率直にパート2が叶って嬉しいです。
パート1のときもそうでしたが、本当に脚本がまた面白く、漫画という切り口から事件が始まっていくストーリーに今回のパート2も楽しみでなりません。

古田新太が演じる醍醐真司との再タッグについて
また古田さんとご一緒させていただけてとても嬉しいです。
噛み合ってるのか噛み合っていないのかわからないそんな2人がくり広げる事件解決への道のりを古田さんと一緒に頑張っていきたいと思います。再結成できて本当に嬉しいです。

脚本を読んだ感想
何度読んでも面白くて鳥肌たち、夢中で読ませていただきました。
続きがすごく気になるし、出てくる人全員が怪しい(笑)
いろんな伏線を回収したときの爽快感は気持ちのいいものでした。
でもサスペンス的な面白さもそうですが、パート1とは違って、醍醐も優希も何かが変化している。優希の父の不審な死の真相についても楽しみにしています。

視聴者へのメッセージ
パート2として戻ってこられてとても嬉しいです。
漫画探偵...じゃなく調査員として、前回同様走り回りたいと思います。

古田新太のコメント

再び醍醐真司を演じることが決定した際の心境
あぁ、またあの長いウンチクを述べなきゃいけないのか...。

松下奈緒が演じる水野優希との再タッグについて
そりゃ楽しいに決まってますよ。長い説明さえなければ。

脚本を読んだ感想
今回も面白かった。読み終わってすぐに「こいつは困った」と思いました。作品が面白く無くなってたら完全においらたちのせいになると。

視聴者へのメッセージ
また楽しいミステリーになると思います。前回くらいのクオリティを保とうと思います。お楽しみに。

三木孝浩監督のコメント

同作に向けた意気込み
前回が僕にとってミステリーに初挑戦した作品だったので、この世界を再び描かせてもらえることを本当に嬉しく思います。

W主演を務める、松下奈緒と古田新太に期待すること
今回は「再起」の物語です。人生の道半ばで立ち止まってしまった人達が、もがきながらも己のあるべき姿を暗闇の中から手繰り寄せ、一歩前へと踏み出す瞬間を描きたいと思っています。
前作同様に漫画を題材にしたミステリーという形を取りながらも全ての大人たちの応援歌になるようなそんなドラマにしたいです。

特に注目してほしい点について
松下さん演じる優希と古田さん演じる醍醐の素敵凸凹コンビの復活にご期待ください!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで