大野拓朗×落合モトキの台湾珍道中、三原慧悟監督作『台湾より愛をこめて』

映画『台湾より愛をこめて』が3月24日から東京・新宿シネマカリテで公開される。

『台湾より愛をこめて』は、1人の女性・リンを探して日本を旅立って台湾に向かった2人の男・雄介と光一の姿を、ドキュメンタリータッチで描くロードムービー。漫才師として成功することを夢見る主人公・雄介役を大野拓朗、雄介とコンビを組む光一役を落合モトキ、2人と偶然出会う少女・メイ役を岡本夏美が演じる。

監督は三原慧悟。学生時代に映画制作を開始した三原監督は、フジテレビ退社後、台湾でアイドルになるプロジェクトを実施するために活動拠点を台湾へ移したという経歴の持ち主。YouTubeチャンネルの登録者は40万人を超える。『台湾より愛をこめて』は三原監督にとって初の商業映画作品。脚本は三浦駿斗が担当した。

作品情報

『台湾より愛をこめて』

2018年3月24日(土)から新宿シネマカリテで公開
監督:三原慧悟 脚本:三浦駿斗 出演: 大野拓朗 落合モトキ 岡本夏美 広橋佳苗 梁鈺杰 陳宏亮 宇宙 長谷川忍(シソンヌ) 上映時間:61分 配給:ユナイテッド エンタテインメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大野拓朗×落合モトキの台湾珍道中、三原慧悟監督作『台湾より愛をこめて』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて