ニュース

『おそ松さん』新ED曲に高橋幸宏、鈴木慶一、大貫妙子、矢野顕子ら集結

The おそ松さんズ
The おそ松さんズ

1月8日からテレビ東京ほかで放送されるテレビアニメ『おそ松さん』第2期第2クールのエンディングテーマに、The おそ松さんズ with 松野家6兄弟の“大人÷6×子供×6”が起用されることがわかった。

The おそ松さんズは、高橋幸宏がキュレーターを務める野外音楽イベント『WORLD HAPPINESS』で、2013年に一夜限りで編成されたThe おそ松くんズを前身とするユニット。The おそ松くんズのユニット名は高橋幸宏の誕生日が6月6日であることから、6つ子とかけて名付けられたという。

今回はボーカルとして高橋幸宏、鈴木慶一、大貫妙子、矢野顕子、奥田民生、柴咲コウ、重住ひろこ(SMOOTH ACE)、バンドメンバーとして小原礼、佐橋佳幸、Dr.kyOn、鈴木茂、ゴンドウトモヒコが参加。“大人÷6×子供×6”のプロデュースと作曲は高橋幸宏、作詞は鈴木慶一が担当した。6つ子役を演じる櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由は、第1クールのエンディングテーマ曲に引き続き、松野家6兄弟として合いの手で参加している。楽曲のリリース日は2月28日。

来年66歳を迎える高橋幸宏は「曲のコンセプトは“駄目だけれどキュンとする松野家6兄弟”って感じかな。6月6日生まれの僕は、なぜかずっと6という数字が大好きでここまできました。何かの縁ですね」、またおそ松役の櫻井孝宏は「またとんでもない方々がおそ松さんとコラボレーションしてくれました。ホント?ウソじゃない?ヤッベ!赤塚先生マジ偉大!」とコメントを寄せている。

高橋幸宏のコメント

楽しいレコーディングでした。僕が2008年からキュレーターをつとめている野外音楽フェス『WORLD HAPPINESS』の2013年開催時のキービジュアルに「おそ松くん」を使用させて頂いた時、「The おそ松くんズ」という1回限りのバンドを結成しました。今回はその時の気心知れた仲間を中心に新たなメンバーにも参加してもらい、新生「Theおそ松さんズ」としてレコーディングしました。9月から始めて延べ3ケ月もかかってしまいましが…。曲のコンセプトは“駄目だけれどキュンとする松野家6兄弟”って感じかな。詞は鈴木慶一君に依頼。なんとも哀愁のある、でもやっぱりまだ大人になれない6人をうまく表現してくれました。6月6日生まれの僕。なぜかずっと6という数字が大好きでここまできました。何かの縁ですね。シーズン1の「大人になってもやっぱり馬鹿」っていうコピー、サイコー、大好き!これでいいのだ!!

鈴木慶一のコメント

このプロジェクトに参加出来て実に光栄です。
WORLD HAPPINESS 2013では、The おそ松くんズにも参加し、今度は、The おそ松さんズ。
なんだかややこしいですが、くんズさんズにほぐれつ参加、ほぐほぐ、ほこっとした曲に、しぇーっとする歌詞を作りましたざんす。
お楽しみ下さい。

大貫妙子のコメント

シェーWAVEおそまつステーション!
って、もう何の話ししてるのかわかんないのに、玉砂利の上でも寝られるイヤミ鈴村さんのデタラメな回転力で、可笑しい!それで、最後まで聴いたらすごく疲れたのに。月曜配信が何故か楽しみな私。

矢野顕子のコメント

参加させてくれてありがとう。
六人がおじいちゃんになった時にも呼んでくださいね

奥田民生のコメント

どっちかというと若手なので元気にがんばりました。
ありがとうございました。

柴咲コウのコメント

どっちかというと若手なので明るくがんばりました。
幸宏さんとずっと一緒に何かやりたいと話していたので、今回参加できてとても嬉しいです。
皆の「音の輪」に入ることができて幸せです。

重住ひろこのコメント

「The おそ松さんズ」として、子供の頃から憧れてる方々の名前の後ろに自分の名前が並んでいるなんて、何度見ても不思議な気分で。ラッキーとしか言いようがない!!もひとつラッキーといえば、この曲の録音の日は偶然にも幸宏さんの歌入れの日で、それをフルサイズで見せていただけたこと。貴重すぎる経験をさせていただきました。ありがとう「おそ松さん」!!オンエア楽しみです!!

『おそ松さん』第2期メインビジュアル ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
『おそ松さん』第2期メインビジュアル ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察