展覧会『みうらじゅんフェス!』 MJ初の公立美術館での大規模展

『MJ's FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE1958』が、1月27日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催される。

同展は、「マイブーム」「ゆるキャラ」などの命名者としても知られるみうらじゅんが2月に還暦を迎えることを記念して開催。幼少期から青年期に自ら編集、制作を手掛けたエッセイ集や、漫画、仏像や怪獣などのスクラップブック、スケッチブックをはじめ、メジャーデビュー後に発表した本、CD、DVD、映画、仏画イラストの原画、自身デザインのゆるキャラ、これまで収集してきた膨大な数のコレクションなどを通して、みうらの創作活動に迫り、「マイブーム」の全貌を明らかにする。同展は、みうらにとって初の公立美術館での大規模展となり、監修は自身が務める。

会場には、みうらのオリジナルキャラクター「テングレンジャー」との撮影コーナーや、仕事部屋の再現、「子どもは禁止!?のマル秘部屋」なども設置。さらに会期中には、みうらと山田五郎やいとうせいこうのトークイベントや、みうらが原作、企画などで携わった映画の上映会も行なわれる。詳細は川崎市市民ミュージアムのオフィシャルサイトで確認しよう。

みうらじゅんのコメント

私がデビューしたのは世間的に'80年ということになっているのですが、私調べによるとすでに小学一年生から始まっているマイブームの軌跡。今では国宝ならぬ『ボク宝』級価値の“怪獣スクラップ・ブック”制作から実に54年もの時が流れたことになります。その後、自作の漫画誌、新聞、エッセイ本、アニメに至るまで、誰からも頼まれることない“ない”仕事を続け現在に至っているのですがこの度、川崎市市民ミュージアムでその全貌に迫る展覧会が開催されることになりました。たぶん、みな様はその数に圧倒され、開いた口が塞がらないと思います。
そして、“一体、この展覧会は何なのか?”と、問うことでしょう。私も同じです。そこは会期中、私の友人によるトークショーで明らかになるであろうと確信しております。
長きに渡る収集癖と発表癖を篤と御覧になってください。よろしくお願い申し上げます。

イベント情報

『MJ's FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE1958』

2018年1月27日(土)~3月25日(日) 会場:神奈川 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1、アートギャラリー1、2、3
時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(2月12日は開館)、2月13日、3月22日 料金:一般800円 大学生・高校生・65歳以上600円 ※中学生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 展覧会『みうらじゅんフェス!』 MJ初の公立美術館での大規模展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて