ニュース

ウェブ連動展示『富士山展1.0』に愛☆まどんな、家入一真ら約40作家参加

『富士山展1.0』キービジュアル ©山本悠
『富士山展1.0』キービジュアル ©山本悠

『富士山展1.0 ―来たるべき未来のために―』が、1月5日から東京・淡路町のAWAJI Cafe & Galleryを中心に開催される。

「テクノロジーでアートの課題を解決する」ことをミッションに掲げるスタートバーン株式会社が主催する同イベント。同社が運営するアートに特化したSNS「startbahn」と連動した展覧会となり、「富士山」をテーマに多様な表現を紹介する。

同展には作品を出展する40人以上のクリエイターに加えて、気に入った作品1つにコメントを寄稿する「公式ピッカー」29人が参加するほか、「ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾」とのコラボレーション企画、「こたつトーク」と題したトーク配信などのイベントも開催。参加作家の出展作品は会期中に各会場で展示されると同時に、startbahn上で一覧できるようになる。作品は任意でオークションへ出品され、startbahnから入札することで誰でも購入が可能になる仕組みだ。

参加作家は愛☆まどんな、飯田竜太(Nerhol)、家入一真、梅津庸一、滝沢朋恵、中村ケンゴ、野澤梓、ぼく脳、三好愛、yuichiiharaら。また公式ピッカーには、内沼晋太郎、海猫沢めろん、永原真夏(SEBASTIAN X)、もふくちゃん、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)らが名を連ねている。

各会場の展示やイベントの詳細は、startbahnのオフィシャルサイトをチェックしよう。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びします。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆