ウェブ連動展示『富士山展1.0』に愛☆まどんな、家入一真ら約40作家参加

『富士山展1.0 ―来たるべき未来のために―』が、1月5日から東京・淡路町のAWAJI Cafe & Galleryを中心に開催される。

「テクノロジーでアートの課題を解決する」ことをミッションに掲げるスタートバーン株式会社が主催する同イベント。同社が運営するアートに特化したSNS「startbahn」と連動した展覧会となり、「富士山」をテーマに多様な表現を紹介する。

同展には作品を出展する40人以上のクリエイターに加えて、気に入った作品1つにコメントを寄稿する「公式ピッカー」29人が参加するほか、「ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾」とのコラボレーション企画、「こたつトーク」と題したトーク配信などのイベントも開催。参加作家の出展作品は会期中に各会場で展示されると同時に、startbahn上で一覧できるようになる。作品は任意でオークションへ出品され、startbahnから入札することで誰でも購入が可能になる仕組みだ。

参加作家は愛☆まどんな、飯田竜太(Nerhol)、家入一真、梅津庸一、滝沢朋恵、中村ケンゴ、野澤梓、ぼく脳、三好愛、yuichiiharaら。また公式ピッカーには、内沼晋太郎、海猫沢めろん、永原真夏(SEBASTIAN X)、もふくちゃん、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)らが名を連ねている。

各会場の展示やイベントの詳細は、startbahnのオフィシャルサイトをチェックしよう。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びします。

イベント情報

『富士山展1.0 ―来たるべき未来のために―』

2018年1月5日(金)~1月21日(日) 会場:東京都 淡路町 AWAJI Cafe & Gallery、野方の空白、パープルーム予備校、小台 BRÜCKE
参加作家: 愛☆まどんな 飯田竜太(Nerhol) 家入一真 おぎぬまX ジュゼッペ・デ・フランチェスコ 木村勇 グロイスフィッシングクラブ こむぎ 鈴木有沙 鈴木哲生 鈴木秀尚 だつお 田中かえ 丹原健翔 つめをぬるひと 中島翔山 中村ケンゴ 中村土光 ナベカオル 野澤梓 林正典 ぼく脳 寳樂圭 星川あさこ 吉河順央 BIRDMAN CHILING urauny yuichiihara 怪盗キューピー小澤 小鳥ひよこ 近あづき こんがりトースト さいとうよしみ 坂本優子 高山夏希 滝沢朋恵 三好愛 AKAFUJI 梅津庸一 パープルーム予備校生 公式ピッカー: 石谷優樹 内沼晋太郎 海猫沢めろん 緒方貴臣 河内晋平 神田雄亮 郷治友孝 小鍋藍子(AI KOKO GALLERY) 酒匂真理 高島英造 千紫巳恵佳 永原真夏(SEBASTIAN X) 西川啓 乃り江 橋本誠 長谷川愛 はむぞう 二木博 古谷有海 松川和広 みそにこみおでん もふくちゃん 森川夢佑斗 山田智之 山元浩平 ユミソン 夢眠ねむ(でんぱ組.inc) EAT&ART TARO Eiko MACHIDA(enrica)
  • HOME
  • Art/Design
  • ウェブ連動展示『富士山展1.0』に愛☆まどんな、家入一真ら約40作家参加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて