『ビクターロック祭り』でSOILがRHYMESTER、ぼくりりとコラボライブ

『ビクターロック祭り2018』で出演アーティストのコラボレーションライブが行なわれることが発表された。

3月17日に千葉・幕張メッセ国際展示場で開催される同イベント。これまでに雨のパレード、ORANGE RANGE、KICK THE CAN CREW、SOIL&"PIMP"SESSIONS、DJダイノジ、never young beach、ぼくのりりっくのぼうよみ、RHYMESTER、レキシ、GRAPEVINE、サンボマスター、竹原ピストル、Yogee New Waves、ROTTENGRAFFTYの出演が明らかになっていた。

コラボレーションライブを行なうのは、SOIL&"PIMP"SESSIONS×RHYMESTER、ぼくのりりっくのぼうよみ×SOIL&"PIMP"SESSIONSの2組。SOIL&"PIMP"SESSIONSとRHYMESTERは、SOIL&"PIMP"SESSIONSの2013年の楽曲“ジャズィ・カンヴァセイション”で共演しており、ぼくのりりっくのぼうよみとSOIL&"PIMP"SESSIONSはぼくのりりっくのぼうよみが昨年発表したアルバム『Fruits Decaying』の収録曲“罠”でコラボレーションしている。

今回の発表とあわせて『ビクターロック祭り2018』のオフィシャルサポーターである「初代 お祭りハッピーガール」を務める吉田凜音が出演するティザー映像も公開された。

イベント情報

『ビクターロック祭り2018』

2018年3月17日(土) 会場:千葉県 幕張メッセ国際展示場9~11
出演: 雨のパレード ORANGE RANGE KICK THE CAN CREW SOIL&"PIMP"SESSIONS DJダイノジ never young beach ぼくのりりっくのぼうよみ RHYMESTER レキシ GRAPEVINE サンボマスター 竹原ピストル Yogee New Waves ROTTENGRAFFTY and more 料金:前売8,990円 当日9,490円
  • HOME
  • Music
  • 『ビクターロック祭り』でSOILがRHYMESTER、ぼくりりとコラボライブ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて