『美術手帖』初のTVドラマ特集 野木亜紀子×古沢良太対談や坂元裕二論も

特集記事「テレビドラマをつくる 物語の生まれる場所」が、本日1月17日刊行の『美術手帖2月号』に掲載されている。

「ものづくりとしてのテレビドラマづくり」を取り上げる同特集。同誌では初のテレビドラマ特集となる。

本特集パート1「物語のつくり方」では、脚本家の山田太一、大石静、バカリズムへのインタビューや、磯山晶(TBS編成部)、土井裕泰(TBSドラマ制作部)に『監獄のお姫さま』『コウノドリ』『カルテット』などの制作裏話を聞くインタビュー、『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などの脚本家・野木亜紀子と『リーガル・ハイ』などの脚本家・古沢良太による対談を掲載。さらにブログ『青春ゾンビ』で知られるヒコによる坂元裕二論、成馬零一によるテレビドラマ論、細馬宏通による主題歌論なども収録する。

パート2「物語の現在地」では、EXILE HIROが企画プロデュースを務める『HiGH&LOW』シリーズを8ページにわたって紹介。プロデューサーの植野浩之や久保茂昭監督のインタビューを交えながらヒットの秘密を検証する。同作の脚本家でTeam HI-AXの平沼紀久と渡辺啓の対談も掲載。また『しんせかい』で『芥川賞』を受賞した山下澄人によるエッセイ「前略、北の国から、冬の華」なども収められる。監修は岡室美奈子(早稲田大学演劇博物館)。表紙イラストはたなかみさきが手掛けた。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『美術手帖』初のTVドラマ特集 野木亜紀子×古沢良太対談や坂元裕二論も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて