ニュース

高橋一生と齊藤工「どっちが好き?」 『anan』の「選択の技術」特集で表紙

高橋一生と齊藤工が1月24日発売の『anan』2087号の表紙を飾る。

「齊藤工」名義で手掛けた長編監督デビュー作『blank13』が、2月24日から全国公開される俳優・斎藤工。同作には高橋一生が主演している。

『blank13』の公開を記念して表紙を飾った2人は、「二人の男」というテーマで撮影を敢行。12ページのグラビアでは齊藤が選んだ「男性二人の存在感が際立つ映画」の4作品の世界観で、齊藤と高橋が登場人物を演じている。また2人の個別インタビューに加えて、対談も掲載。

なお同誌の特集は「選択の技術」。恋愛や仕事、結婚、日々の暮らしなどにおいて直面する選択と向き合う様々なテクニックを紹介する。さらに「ダンスを選んだ男たち」として三浦大知と三浦のバックダンサーを務めるs**t kingz、「選び、選ばれた少年たち。」として韓国のオーディション番組『プロデュース101』シーズン2に出演したMXM、JBJ、Samuelが登場。高橋、齊藤が飾る表紙には「たとえば、この二人。どっちが好き?」というコピーが添えられている。

『anan』2087(1月24日発売号)表紙 ©マガジンハウス
『anan』2087(1月24日発売号)表紙 ©マガジンハウス
『anan』2087(1月24日発売号)より ©マガジンハウス
『anan』2087(1月24日発売号)より ©マガジンハウス
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場