飴屋法水、アピチャッポンら5組が参加 『ビルディング・ロマンス』展

展覧会『ビルディング・ロマンス|現代譚(ばなし)を紡ぐ』が、本日1月20日から愛知・豊田市美術館で開催されている。

家族や恋人、土地など身近なものとの関わりの中から、現代における新たな「ロマン」を見出そうとする同展。美術だけでなく映画や演劇など様々な領域で活動するアーティストの作品が展示される。

出展作家は飴屋法水、スーザン・ヒラー、危口統之と悪魔のしるし、志賀理江子、アピチャッポン・ウィーラセタクンの5組。また初日の1月20日には悪魔のしるしによるパフォーマンス『搬入プロジェクト#22 豊田市美術館』、1月21日には志賀理江子によるトークイベント、3月18日には悪魔のしるしとタートルアイランドによるパフォーマンス『百人斬り』、4月8日には飴屋法水と山下澄人によるトークイベントもそれぞれ開催される。詳細は美術館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『ビルディング・ロマンス|現代譚(ばなし)を紡ぐ』

2018年1月20日(土)~4月8日(日) 会場:愛知県 豊田市美術館
時間:10:00~17:30(入館は閉館の30分前まで) 参加作家: 飴屋法水 スーザン・ヒラー 危口統之と悪魔のしるし 志賀理江子 アピチャッポン・ウィーラセタクン 休館日:月曜(2月12日は開館) 料金:一般1,000円、高校・大学生800円 ※中学生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 飴屋法水、アピチャッポンら5組が参加 『ビルディング・ロマンス』展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて