『加賀美健の そ展』 収集し続けた「ある物」を一挙展示、トークも

『加賀美健の そ展』が、1月26日から東京・中目黒のVOILLDで開催される。

1974年に東京で生まれた現代美術アーティストの加賀美健。ドローイング、彫刻、パフォーマンスなど幅広い表現活動を展開しているほか、YAECA 、SHIPSなどアパレルブランドとのコラボレーションなども手掛けている。また東京・代官山に古着、雑貨、オリジナル商品のセレクトショップ「STRANGE STORE」を構え、店内では自身のコレクションや若手アーティストの展示も行なっている。

今回の展覧会では、加賀美健が様々なコレクションを増やしていく中で取り憑かれたように収集し始めたという「ある物」を一挙に展示。初日の1月26日にはオープニングレセプションと、加賀美健、平山昌尚、とんだ林蘭によるトークイベント『加賀美健 平山昌尚 とんだ林蘭による三角関係トークショー 酒持ってこ~い 2018』を実施する。詳細はVOILLDのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『加賀美健の そ展』

2018年1月26日(金)~2月4日(日) 会場:東京都 中目黒 VOILLD 時間:14:00~19:00(土、日曜は18:00まで) 休廊日:月、火曜 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『加賀美健の そ展』 収集し続けた「ある物」を一挙展示、トークも

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて