カップヌードル「青春」CM最終回は小川あん、八代拓 歌はエアロスミス

カップヌードルの新CM「HUNGRY DAYS 最終回篇」が本日1月26日から放送されている。

「青春」をテーマにしたカップヌードルのプロモーションプロジェクト「HUNGRY DAYS」シリーズ。第1弾として高校生になったキキたちをアニメーションで描いた「魔女の宅急便 篇」、第2弾としてハイジとクララを日本の女子校に通う16歳の少女に設定した「アルプスの少女ハイジ篇」、第3弾として高校の文化祭でマスオがサザエに公開告白する「サザエさん篇」が放送された。

シリーズの集大成となる今回は、「次の主人公はあなたかもしれない」というメッセージを込めて「一般的な」高校生が主人公として登場。「たとえ世界で何が起ころうとも、誰も青春を奪うことはできない」をコンセプトに、隕石の落下、怪獣の襲来など世界が危機に瀕する瞬間であっても青春を貫く2人の高校生「彼女」「彼氏」の姿がSFテイストで描かれるほか、前3作品に登場する「隕石」の謎も明らかにされる。

「彼氏」のことをじれったくも可愛く思っている「彼女」の声を小川あん、「彼女」が自分のことを本当に好きなのか確信が持てないでいる「彼氏」の声を八代拓が演じたほか、ナレーションを林原めぐみが担当。キャラクターデザインは引き続き窪之内英策が手掛けた。CMソングにはAerosmithの“I Don't Want to Miss a Thing”を起用。動画の公開期間は4月25日までを予定している。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • カップヌードル「青春」CM最終回は小川あん、八代拓 歌はエアロスミス

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて