『BRUTUS』で山下達郎『サンソン』特集 大滝詠一との対談再録も

特集記事「山下達郎のブルータス・ソングブック」が、2月1日発売の『BRUTUS No.863』に掲載される。

TOKYO-FM系全国38局ネットで放送されている山下達郎のラジオ番組『サンデーソング・ブック』の25周年を記念した同特集。番組ではR&B、ジャズ、ドゥーワップ、ロックンロール、昭和歌謡などジャンルの垣根を越えて、山下の6万枚にもおよぶレコードコレクションから「Oldies but Goodies、古いけどいい曲」を紹介している。

特集では、1300回を超える放送から山下自身が22のテーマを選出。番組の書き起こしに専門家の解説を添え、音楽ジャンルや音楽制作に携わる人々の背景を探る。さらに約3時間にわたる山下のインタビューや番組収録現場の様子も掲載。またブックインブック「This is Sunday Songbook」には、歴代スタッフの座談会やリスナーのアンケートに加え、故大滝詠一との対談「新春放談」を再録する。

なお山下が選んだテーマは、ドゥーワップ、ジャズ、ジャパニーズロック、バリー・マン&シンシア・ワイル、カーティス・メイフィールド、ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー、キャロル・キング、デイヴィッド・ゲイツ、ブルース・ジョンストン、トム・ダウド、テディ・ランダッツォ、ピーター・アンダース&ヴィンセント・ポンシア、ニコラス・アシュフォード&ヴァレリー・シンプソン、ケニー・ギャンブル&レオン・ハフ、トム・ベル、アリフ・マーディン、ロジャー・ニコルス、ジェリー・ラゴヴォイ、エリー・グリニッチ、レイ・ブラッドベリ、岩谷時子、ジミー・ウェッブとなる。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『BRUTUS』で山下達郎『サンソン』特集 大滝詠一との対談再録も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて